Netflix、アフリカ人武士が主人公のオリジナルアニメ『Yasuke -ヤスケ-』を4月29日に配信開始へ

access_time create folderエンタメ

3月9日、Netflixはアフリカ人武士が主人公のオリジナルアニメ『Yasuke -ヤスケ-』を、4月29日に配信を開始すると発表しました。


https://twitter.com/NXOnNetflix/status/1369090558149369858

『Yasuke -ヤスケ-』は、戦国時代にイエズス会によって日本に連れてこられたアフリカ人で、織田信長に仕えたとされる「弥助」の人生を描く全6話から成る物語。

監督はアフリカ系アメリカ人で「キャノン・バスターズ」などの実績があるラショーン・トーマス。

主人公ヤスケの声を担当するのは『ストレイト・アウタ・コンプトン』でスヌープ・ドッグ役を演じたアフリカ系アメリカ人俳優のラキース・スタンフィールド。

アニメーション制作は『呪術廻戦』を手掛けたMAPPAで、キャラクターデザインは小池健。日本のポップカルチャーが好きなことで知られるフライング・ロータスが音楽を担当します。

この発表に対し、海外のアニメファンたちからは以下のような声が集まっています。

・面白い作品になることを期待
・早いとこ予告編公開してよ
・MAPPAとか、クールじゃんか
・ヤスケって実写映画も進行中なんだよね
・MAPPAは次から次へと面白い作品を出し続けてるな
・スクリーンショットだけでも十分面白そうだ
・アフリカ系の手のひらを描く方法をちゃんとわかってるMAPPAには一生感謝だ
・解約しようと思ってたらこれだよ
・ブラックサムライとかめっちゃ惹かれるんだけど
・MAPPAなら間違いないな
・MAPPA、ラショーン・トーマス、フライング・ロータスとかすげえチームだな
・『アフロサムライ』が実在してたなんて

※画像とソース:
https://about.netflix.com/en/news/redefining-what-anime-can-be-with-yasuke

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧