ようこそ“本物の理想の家”へ。 スリラー映画『ビバリウム』不気味な内見シーンを切り取った本編映像

access_time create folder映画

嫌な予感しかしない。

ジェシー・アイゼンバーグとイモージェン・プーツが、奇妙な住宅地に閉じ込められるカップルを演じるスリラー『ビバリウム』が3/12より公開。本編映像が初めて解禁となった。

このたび公開されたのは、物件探しをしているトムとジェマのカップルが、ちょっと不思議な不動産屋の男マーティン(ジョナサン・アリス)に導かれ、“本物の理想の家”を謳う住宅地「ヨンダー」に内見にやってくるシーンだ。二人が案内された9番の家は一見とても美しいものだが、マーティンの振る舞いはどこか奇妙で、二人は違和感を覚える。


動画が表示されない方はこちら

はりついたような笑顔で家を案内するマーティン。リビングには“9番の家”の外観を描いた絵画が意味ありげに飾られている。マーティンは「歓迎の印に」とシャンパンとイチゴを差し出すが、二人が断ると動揺し、失望したような表情を見せる。さらに、家にはすでに“男の子用の子供部屋”が用意されており、二人を驚かせる。「子供はまだいない」とジェマが言うと、マーティンはその言葉をそっくりそのまま不気味に繰り返すのだった。何かがおかしい、そう気付いた二人だったが……。

『ビバリウム』
3月12日(金)、TOHOシネマズシャンテ他全国公開

access_time create folder映画

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧