Apple最新情報:「iPhone13」は、よりスリムなTrueDepthノッチ、フラッシュリアカメラモジュールを持つとの噂

access_time create folderデジタル・IT
Apple最新情報:「iPhone13」は、よりスリムなTrueDepthノッチ、フラッシュリアカメラモジュールを持つとの噂

新しいレポートによると、2021年秋にリリースが予定されているAppleの次のiPhoneモデルは、よりスリムなTrueDepthノッチと、背面カメラアレイの調整に関連して既存よりわずかに厚いボディになる可能性があるとのことです。

Mac Otakaraは、Appleの中国のサプライチェーン内の情報源を引用して、「iPhone 13」は小さいながらも重要な設計変更を統合することで、電話のTrueDepthパッケージをスリム化できるはずだと報告しています。

 

「iPhone13」のカメラは埋め込み式?

まず最初に、ユニットのイヤースピーカーは、シャーシ近くのディスプレイの端に再配置されることが予想されます。今回のレポートでは詳しく説明されていませんが、デザイン上では、スピーカーがiPhoneのベゼルに収まる可能性があります。

Face IDを搭載した現在のiPhoneモデルは、システムのドットプロジェクターと正面向きのフルカラーカメラを右側に、赤外線フラッドイルミネーターと赤外線カメラを左側に配置して、重要な(物理的に大きな)コンポーネントの間にスピーカーを置いています。AppleはiPhone12の特定のTrueDepthコンポーネントを小型化しましたが、2020年に噂されていたように、このプロセスではより小さな「ノッチ」領域は生成できませんでした。

同様の噂は既に2019年4月に広まっており、その際にリークされた回路図には、受信機をTrueDepthの上のベゼル領域に押し込む計画が示されていました。これらの変更は当初iPhone12で実現すると予測されていましたが、現在のiPhone12ラインナップのTrueDepthアレイは以前のモデルとほぼ同じものが採用されています。

今回のレポートでは、「iPhone13」のリアカメラユニットはすべての次世代モデルで0.9mm厚くなると述べています。レンズが突き出たカメラの“バンプ”の代わりに、新しいデザインでは、各カメラモジュールが埋め込まれ、サファイアガラスのプレートで覆われている可能性があります。

さらに、「iPhone13Pro」と「iPhone13Pro Max」のカメラユニットはサイズが同じであると言われており、2021年に下位モデルがセンサーシフトの光学式手ぶれ補正を搭載することを示唆しています。Appleは、「iPhone 12 Pro Max」のカメラバンプを拡張して、47%大きい広角センサーに対応しました。これは、センサーシフト安定化が行われた最初のiPhoneカメラモジュールでもありました。レポートの最後では、「iPhone 13」は、シャーシの厚さが0.26 mm増加するものの、2020年の携帯電話で初めて世に出たiPhone4に着想を得たデザインを引き継ぐことが期待されていると述べています。

(画像引用:https://twitter.com/jon_prosser)

Copyright © 2021 iedge All Rights Reserved.


関連記事リンク(外部サイト)

【iphone12購入で迷う方へ】知識がなくても大丈夫!iphone12選び方のポイントをまとめ
マスクよりも安全に空気を除菌!首掛け型空気清浄機「MY AIR」ってどんなもの?
4Gの次に来ると言われている、5Gとは?分かりやすく簡単に解説します

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
iedge

iedge

最新IOTテクノロジーを用いた防犯セキュリティーシステムや家電設備を搭載したスマートホーム(スマートハウス)情報をお届け。まだ日本では未発表のアプリやデバイス/ガジェットも全公開します。

ウェブサイト: https://www.iedge.tech/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧