モトローラがSIMフリースマートフォン2製品を発表 トリプルカメラ搭載で2万4800円の「moto g9 play」とスタイラスペン付属で3万5800円の「moto g PRO」

access_time create folderデジタル・IT

モトローラ・モビリティ・ジャパンは10月26日、SIMフリースマートフォン「moto g9 play」と「moto g PRO」を発表。10月30日から販売を開始します。

moto g9 playは6.5インチHD+ディスプレイ、f/17の4800万画素メインカメラ、f/2.4の200万画素深度センサー、f/2.4の200万画素マクロカメラのトリプルカメラ、5000mAhの大容量バッテリーを搭載。楽天モバイルを除く日本国内の通信キャリアで利用可能。発売時にはKDDIのネットワークには非対応で、後日対応を予定しています。本体カラーはサファイアブルーとフォレストグリーンの2色で、直販サイト「motoストア」での販売価格は2万4800円(税込み)。

メインカメラは4画素を1画素に結合するクアッドピクセルテクノロジーを採用。光感度が4倍になり、鮮やかで明るい写真撮影が可能な他、ナイトビジョンモードでは低光量でもノイズを抑えたシャープな画像を実現します。「moto g8」でユーザーから好評だったというマクロカメラは、2cmの焦点距離で撮影が可能。

Snapdragon SD662オクタコアプロセッサ、4GB RAMを搭載。内蔵ストレージは64GBで、microSDカードにより外部ストレージを最大512GBまで拡張可能。背面には指紋認証センサーを搭載します。

moto g PROは、2世代のOSアップグレードと2年間のセキュリティーアップデートを保証したAndroid One対応のビジネス用途向けスマートフォン。6.4インチ フルHD+ディスプレイを搭載し、f/17の4800万画素メインカメラ、f/2.2の200万画素マクロカメラ、f/2.2の1600万画素 117°広角アクションカメラのトリプルカメラを採用。4000mAhのバッテリーを搭載します。楽天モバイルを除く日本国内の通信キャリアで利用可能。本体カラーはミスティックインディゴ。motoストアでの販売価格は3万5800円(税込み)。

端末本体に収納できるスタイラスペンを同梱。手書きメモがすばやく簡単に作成できるのが特徴です。

Snapdragon SD665オクタコアプロセッサ、4GB RAMを搭載。内蔵ストレージは128GBで、microSDカードにより外部ストレージを最大512GBまで拡張可能。指紋認証センサーを搭載します。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧