ザ・ハーシー・カンパニーがお菓子を子どもたちに配るロボットドアを開発 「ウチの近所に来てくれるのかな?」「ホラーだよ」

access_time create folder生活・趣味

10月19日、ザ・ハーシー・カンパニーは、社会的距離を保ちながら同社ブランドのリーセスピーナッツバターカップ(Reese’s Peanut Butter Cups)のキャンディーバーを配布可能なロボットドア「Reese’s Trick-or-Treat Door」を発表しました。


https://twitter.com/WDBJ7/status/1318681747446468609

「Reese’s Trick-or-Treat Door」はリモートコントローラーで操作します。子どもたちと近距離で接することなく、1.5キロ離れていても操作可能です。子どもたちが「トリック・オア・トリート」と言うと、ピーナッツバターカップのキャンディーバーがスロットから出てきます。

SNSには次のような声が集まっていました。

・ウチの近所に来てくれるのかな?
・結構スゴイの作っちゃったね
・どこいけばこのロボットに会えますか?
・これは面白そう
・ドアが近所をうろついているのはホラーだよ
・治安が悪い場所ならこのロボットは即拉致されるな
・逆に子どもたちが集まって密にならないかな
・車と衝突しちゃいそう

※画像とソース:
https://www.thehersheycompany.com/content/corporate_SSF/en_us/news-detail.html?122591
https://www.prnewswire.com/news-releases/forget-the-tricks-reeses-brand-brings-the-treats-with-robotic-halloween-door-301154324.html

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧