Amazonが月額制ゲームストリーミングサービスの「Luna」を発表

access_time create folderゲーム

9月24日、Amazonは月額制のゲームストリーミングサービス「Luna」を発表しました。同時にアメリカ国内のユーザー限定で、「Luna」へのアーリーアクセスに対するリクエストも開始しています。アーリーアクセスに招待されたユーザーの月額料金は5.99ドル(約630円)となっています。


https://twitter.com/amazonluna/status/1309202243200016384

ユーザーはゲームチャンネルの「Luna +」に登録することで、アーリーアクセス期間中に『バイオハザード7 レジデント イービル』や『プレイグ テイル -イノセンス-』といったゲームをプレイすることが出来ます。

Ubisoftの専用チャンネルもオープン予定で、『アサシン クリード ヴァルハラ』や『ファークライ6』といったゲームタイトルがプレイ可能となる予定です。

時間制限なしでゲーム遊び放題となる「Luna」のサービス概要は以下となります。

1.FireTV、PC、Mac、iOS(Webアプリ)、Android(近日中)に対応
2.解像度は最大1080P/60fps(近日中に4Kも対応予定)
3.10MB/秒のインターネット接続速度推奨(4Kの場合は35MB/秒)
4.1契約につきデバイス2つまで登録可能
5.プレイ可能なゲームは随時追加
6.専用コントローラ「Luna Controller」、PCのキーボードとマウス、Buetooth接続型ゲームコントローラに対応
7.Alexa対応

Luna
https://www.amazon.com/luna/landing-page[リンク]

※画像とソース:
https://press.aboutamazon.com/news-releases/news-release-details/introducing-luna-amazons-new-cloud-gaming-service-where-its-easy
https://www.amazon.com/luna/landing-page

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderゲーム
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧