Volvoが使用済みEVバッテリーを集合住宅のエネルギーストレージに再活用

access_time create folderデジタル・IT
環境に優しい乗り物として先進国を中心に電気自動車(EV)への移行が進んでいるが、自動車メーカーが頭を悩ませている課題がある。EVに使用するバッテリーに寿命があり、使用済みとなったものの扱いだ。

そこで、Volvoが導入するのが使用済みバッテリーを集合住宅用のエネルギーストレージとして再活用するという方法。提携企業とすでに取り組みを進めている。

他の用途では十分な容量

Volvoが欧州で電気バスを導入して数年になり、そのバスで使用したバッテリーを別の形で使用する。

再利用にあたっては、VolvoはStena Recycling社の子会社Batteryloop社と提携。電気バスで使われたバッテリーをVolvoが取り出して提供し、Batteryloopがそれらを引き受け、活用する。

そもそもバッテリーは使用している間に消耗していき、いずれ新品に取り替える必要に迫られる。ただし、使用済みのものはバスを動かすには容量が不足していても、元々の容量が大きいために他の用途では十分に使える。そうしたものを再活用しようというのが取り組みの根底にある。

ソーラー発電のストレージに

現在、Batteryloopは使用済みバッテリーを集合住宅のエネルギーストレージに活用するプロジェクトを進めている。Stena Recyclingの関連会社がスウェーデン・ヨーテボリに所有する集合住宅に設置し、ソーラーパネルで発電した電気のストレージとして活用する。

電気は住宅の公共エリアの電源として活用したり、街頭を灯したりするのに使われる。そして余剰分は電力会社に販売する。

そうした使用方法でバッテリーが何年くらい使えるのかは不明だが、ストレージとして使えなくなれば最終的にリサイクル処分となる。

EV使用済みバッテリーの再活用方法としては、日産が街灯のストレージに使う取り組みをすでに展開しているが、企業責任として日産やVolvoに続く動きが出てくることが期待される。

Volvo

(文・Mizoguchi)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧