手のひらサイズでよみがえった8ビットパソコンの名機「パソコンミニ PC-8001」がAmazonで販売開始 「スーパーギャラクシアン」などナムコゲーム3本もアップデートで追加

access_time create folderデジタル・IT

NECが1979年に発売した8ビットパソコン「PC-8001」を、ハル研究所が1/4スケールの手のひらサイズで再現した「PasocomMini(パソコンミニ) PC-8001」。当時の周辺機器「PCG8100」を同スケールで再現したモデルをセットにした「PasocomMini PC8001 PCGセット」がAmazonでも販売を開始しました。価格は2万4800円(税別)。

Raspberry Piのシングルボードコンピュータに、電源供給用のmicroUSBポート、キーボードやゲームパッドを接続するmicroUSBポート、モニター出力するミニHDMIポートを搭載。microSDカードスロットに、専用ソフトウェアを書き込んだmicroSDカードを挿入して使用。エミュレータ上でMicrosoft製のN-BASICが動作し、BASICや機械語によるプログラミングができるほか、当時PC-8001で遊べた「平安京エイリアン」「走れ!スカイライン」といったゲームを同梱。

9月10日には、無料アップデートにより80年代のナムコの名作アーケードゲームを移植した「スーパーギャラクシアン」「ラリーX」「ディグダグ」の3本を追加。これにより、全21種類のゲームが遊べるようになりました。

もともと、NECが2019年8月に開催した「PC-8001 40周年記者発表会」で、「LAVIE Pro Mobile PM750/NAA」との同梱モデルやLAVIEシリーズ購入者へのキャンペーン景品として発表された同製品。

発売から40周年を迎えたPC-8001が手のひらサイズでよみがえる 「PasocomMini PC-8001」はLAVIE Pro Mobile限定パッケージか店頭キャンペーンで入手可能
https://getnews.jp/archives/2189144[リンク]

日産自動車が「走れ!スカイライン」の仕様許諾を与えたことも話題になりました。

日産はなぜPasocomMini PC-8001版「走れ!スカイライン」の使用をOKしたのか 日産の担当者に聞いてみた
https://getnews.jp/archives/2204718[リンク]

パソコンミニ公式ウェブサイト
https://www.pcmini.jp/

(C)1979-2019 Microsoft

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧