Disney+の契約者数が6000万人を突破 2024年までの目標値をわずか8か月で達成

access_time create folder政治・経済・社会

8月4日、ウォルト・ディズニー・カンパニーは四半期(4~6月)決算報告書を公開し、動画配信サービスDisney+の契約者数が6月末時点で5750万人に到達したことを公表しました。

同社の動画配信サービスであるDisney+、Hulu、ESPN+の合計契約者数が1億人を超えていることも明らかとなっています。

Disney+は2024年までに6000~9000万人の契約者数を目標としていましたが、8月4日時点でDisney+の契約者数はすでに6000万人を突破。2019年11月のサービス開始からわずか8か月で目標を達成することになりました。

動画配信サービスで先行しているNetflixの契約者数は2億人に迫ろうとしていますが、Disney+がどこまでNetflixを追い上げることが出来るのか、今後の動向が注目されます。

※画像:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000356.000002021.html

※ソース:
THE WALT DISNEY COMPANY REPORTS THIRD QUARTER AND NINE MONTHS EARNINGS FOR FISCAL 2020
https://thewaltdisneycompany.com/app/uploads/2020/08/q3-fy20-earnings.pdf[リンク]

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧