しっぽを出してうちわで扇いであげる姿に「かわいい」「便利」と反応続出! マンガ『剥かせて!竜ケ崎さん』二人三脚回の乙女心がいじらしい

access_time create folderエンタメ

リザードマンの竜ケ崎さんと、脱皮した抜け殻が欲しくてたまらない遊上くんのヘンな関係を描く一智和智先生(@burningblossom)の『剥かせて!竜ケ崎さん』(ガルドコミックス)。Twitterで公開された最新話では、体育祭で竜ケ崎さんと遊上くんが二人三脚でコンビを組むことになった話になります。

二人三脚の選手に選ばれてしまった遊上くん。「勝ちたい!竜ケ崎さんの足を引っ張らいないように頑張らないと!」とやる気になり、「変態には変態の意地がある!!」とリ○グフ○ットでトレーニング。

体育祭当日。「で、筋肉痛で動けない…と」と呆れたように言う竜ケ崎さん。「あんなに運動したのは抜け殻貼り付け全裸で走った時以来だよ」と横たわる遊上くん。「嫌なこと思い出すね…」と言う竜ケ崎さんに、「どうだった?二人三脚」と聞くと、遊上くんの親友(?)の澤村くんが代打で一緒に走り、なんとか一位になったといいます。

「逆によかったかも、一位になれて」と言う遊上くんに、「わかってないなぁ」と竜ケ崎さん。

「竜ケ崎は遊上くんと一位になりたいんです」と両頬を手に挟んで残念そう。しっぽを出して、遊上くんにうちわを扇いで涼ませてあげているのでした。

『剥かせて!竜ケ崎さん』について「急に思いつく感じです」といい、「これといったきっかけが思い浮かばない」という一智先生。遊上くんがぼっちのド変態のため、「人を選ぶ作品だなと思います」と話しますが、今回のストーリーには、「しっぽだけ出すのかわいい」「最後のコマにグッときた」という竜ケ崎さん推しの反応が多数上がっていた一方で、『ましのの』(少年チャンピオン・コミックス)の八谷美幸先生からは「遊上くん、また顔可愛くなりました?いいですね…」と感想が寄せられていました。

2020年2020年6月25日に刊行された第2巻では、熊女(ワーベア)の熊谷さんや女王バチの蜂須賀さんが登場。今後、竜ケ崎さんや遊上くんとどのように絡んでくるのか、気になるところです。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/burningblossom/status/1289136824665825282 [リンク]

access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧