AIで被写体を認識してインスタ映えするレンズ効果が適用できるカメラアプリ「Photoshop Camera」がリリース ビリー・アイリッシュとコラボしたレンズも収録

access_time create folderデジタル・IT

アドビ システムズは、昨年11月に「Adobe MAX」で発表したスマートフォン用カメラアプリ「Photoshop Camera」を6月11日に正式リリースしました。価格は無料。

AdobeがiOS/Android端末向けカメラアプリ「Photoshop Camera」の配信を開始
https://getnews.jp/archives/2582717[リンク]

アドビ独自のAI「Adobe Sensei」が被写体の種類を認識して画像を調整したり、「レンズ」と呼ぶフィルター効果を適用できるカメラアプリ。撮影済みの写真やアプリからの撮影で、インスタ映えする写真が簡単に作成できます。

β版に10万人以上が登録し、120万枚の写真を撮影。β版参加者の82%がアプリの品質、レンズ、フィルターに満足しているとのこと。

レンズの中には、人気アーティストのビリー・アイリッシュとコラボしたレンズも収録。ビリーを象徴する緑色のキャラクター“blohsh(ブローシュ)”を合成したり、彼女の楽曲『all the good girls go to hell』のMVからインスパイアされた、翼を合成するレンズが用意されています。

レンズはカメラ画像のプレビュー中にリアルタイムに適用可能。AIが被写体を認識して自動でフィルターを適用します。

AIが適用したフィルターについて、さらに設定を追い込んで調整することも可能。たとえば「人物」のレンズを適用した写真について、「顔の距離」「肌のなめらかさ」「ボケサイズ」「ボケ量」といった各パラメーターを手動で調整することができます。

アドビ製アプリ間での連携にも対応し、「Lightroom」から写真を取り込んだり、Photoshop Cameraから「Photoshop Express」に引き継いで作業が可能。

レンズライブラリーは今後も拡充し、日本人クリエーターが作成したレンズも追加予定。ユーザーがレンズを作成して申請することができますが、今のところ自作のレンズをすぐに適用して使うことはできないとのこと。

Photosop CameraはAppStoreとGoogle Playから下記対応機種向けに配信中。

Apple
・iOS: iPhone 6s and above
・iOS system: iOS12,iOS13

Android
・Pixel 3/XL, 4/XL,
・Samsung S9/S9+, Samsung S10/S10+/S10 5G, Samsung Note 9, Samsung Galaxy S20 5G/S20+ 5G/S20 Ultra 5G, Samsung Note 10/10+/10 5G, One Plus 6

ユニークなカメラ効果で、もっと魅力的な写真が撮れる | Photoshop Camera
https://www.adobe.com/jp/products/photoshop-camera.html

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧