Huawei、5Gをサポートした「nova 7」シリーズを発売

access_time create folderデジタル・IT

Huawei がデザイン性に拘ったスマートフォンシリーズ nova の新モデルとして、「nova 7 5G」、「nova 7 SE 5G」、「nova 7 Pro 5G」を発売しました。
新しい nova 7 シリーズは今年のフラッグシップ P40 シリーズと似た曲線美の映えるデザインで、製品名が通り、全機種 5G 通信をサポートしており、LTE スマートフォンと比べて通信性能が向上しています。
また、クアッドカメラを搭載しているので、写真や動画を様々な画角で撮影できる点も nova 7 シリーズの特徴です。
コスパの良さも nova 7 シリーズの特徴になるでしょう。
Huawei の地元中国では、nova 7 SE 5G が 2,399 元(約 36,000 円)〜、nova 7 5G が 2,999 元(約 45,000 円)〜、nova 7 Pro 5G が 3,699 元(約 55,000 円)〜と、ハイエンドモデルよりも格段に安い値段で販売されています。
nova 7 5G と nova 7 Pro 5G は 6.57 インチの有機 EL パネルを採用しており、DCI-P3 の色域をカバーするほど画面表示が鮮やかです。
また、ディスプレイ内蔵型の指紋リーダーを搭載しているので、画面タッチで指紋ロック等を解除できます。
nova 7 5G と nova 7 Pro 5G は Hisilicon のハイエンド機向け SoC「Kirin 985」を搭載しており、性能的にはフラッグシップモデル寄りのスマートフォンとなります。
nova 7 5G と nova 7 Pro 5G の大きな違いはフロントカメラのスペックです。
nova 7 5G のフロントカメラは 3,200 万画素のシングル構成ですが、nova 7 Pro 5G にはそれに加えて広角レンズを持つ 800 万画素カメラが追加されています。
リアカメラについてはどちらも 6,400 万画素 + 800 万画素(超広角) + 800 万画素(光学 5 倍望遠) + 200 万画素(マクロ)という構成です。
ファームウェアは Android 10 ベースの EMUI 10.1 を採用しており、メモリ構成は 8GB RAM + 128GB / 256GB ROM となっています。
バッテリー容量は 4,000mAh と比較的大きめで、40W の急速充に対応しています。
“iPhone SE” に似た名称の nova 7 SE 5G も 5G に対応していますが、上位の nova 7 5G や nova 7 Pro 5G とはスペックに開きがあります。
筐体デザインなどの外装面は上位モデルと似ているものの、6.5 インチのディスプレイに LCD が採用されており、表示の鮮やかさにおいて nova 7 5G や nova 7 Pro 5G よりやや劣ります。
また、指紋リーダーはディスプレイ内蔵型ではなく本体の側面に搭載されています。
プロセッサについても nova 7 SE 5G ではミッドレンジモデル向けの Kirin 820 に変更されており、上位モデルと比べて性能もやや下がっています。
カメラは 6,400 万画素 + 800 万画素(超広角) + 200 万画素(望遠) + 200 万画素(マクロ)という構成。
フロントカメラは 1,600 万画素です。
OS は Android 10 ベースの EMUI 10.1 で、メモリ構成は 8GB RAM + 128GB / 256GB ROM となっています。
バッテリー容量は 4,000mAh です。
Source : Huawei Vmall

■関連記事
DJI OSMO Actionにスマートフォン経由のライブ配信機能が追加
楽天ペイのアプリでSuicaへのチャージ等が可能に
AQUOSスマホでエモパーのお話し音量を固定する

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧