ASUSがLEDピクセルアート天板搭載の14インチゲーミングノートPC「ROG Zephyrus G14」を発表 ゲーミング製品で初のモダンPC

access_time create folderデジタル・IT

ASUS JAPANは5月27日、ゲーミングノートPCの新製品「ROG Zephyrus G14」を発表。5月29日から順次発売を予定しています。最上位機種にはCPUにAMD Ryzen 9 4900HS、グラフィックスにNVIDIA GeForce RTX 2060 Max-Qを搭載し、デスクトップを超えるパフォーマンスと、ゲーマーには“キルレート”が上がる高フレームレートを実現するモデルです。

天板に6536個の細かい穴があり、天板に内蔵する1215個のミニLEDでピクセルアートの表現ができる「AniMe Matrix」を搭載するのが外観上の最大の特徴。文字や画像を表示して、存在感のある外観をアピールできます。AniMe Matrix非搭載のモデルも用意しています。

ピクセルアートは、画像やテキストをアニメーションさせて表示するアニメーションモード、音源を検出してイコライザー効果を表示するオーディオモード、メール着信やバッテリー残量、日付を表示するシステムモードが利用可能。

製品のオンライン発表会では、プリインストールされた専用ツールでテキストや外部から読み込んだ画像を天板に表示するデモが実演されました。

デザインはディストピアとユートピアをそれぞれ表現する“エクリプスグレー”と“ムーンライトホワイト”の2色をラインアップ。

最大WQHD(2560×1440)解像度の14インチディスプレイはベゼル幅6.9mmで、画面占有率は85%。本体厚さは最薄部で約19.9mm、重量は約1.7kg。Anime Matrix非搭載モデルは最薄部約17.9mm、重量約1.65kgになります。ゲーミングPCでは初めてモダンPCの認定を受けているとのこと。

4K UHD対応のHDMIポート、DisplayPort 1.4とPower Delivery対応を含む2基のUSB 3.1 Gen2 Type-Cポート、USB 3.0 Type-Aポート2基、3.5mmオーディオジャック、セキュリティスロットとインタフェースは充実。

本体は指紋がつきにくいマット加工を施し、剛性の高いハニカム構造を採用。

キーボードには4種類のホットキーと指紋認証付きの電源ボタンを搭載。キーストロークは1.7mm、キーピッチは19.05mmです。

ディスプレイは14インチノートPCでは世界初という、WQHD 60Hzモニターを採用。フルHD 120Hzのディスプレイも選択できます。工場出荷時にキャリブレーションを施し、PANTONEカラーに準拠。

バッテリーは最長12時間駆動。USB PDにより65W充電器を使った急速充電に対応し、60%充電までの充電時間は60分、フル充電までは176分。

スピーカーはDolby Atmosに対応し、バーチャル5.1.2チャンネルサラウンドを実現。ゲームやメディアの種類に応じて設定を最適化する6種類のプリセットモードを切り替えたり、好みに合わせて手動で設定できます。

12Vファンと5本のヒートパイプ、フィンを組み合わせたインテリジェント・クーリングに対応。サイレント、パフォーマンス、ターボの3モードで利用シーンに合わせた冷却を適用できます。

オンライン発表会ではAMDから、8コア16スレッドのAMD Ryzen 9 4900HSがデスクトップを上回るパフォーマンスを発揮することが紹介され、AMD Ryzen 9 4900HSを搭載する製品としては、ROG Zephyrus G14が他社から6か月先行して発売されることが発表されました。

NVIDIAからは、GeForce RTX 2060 Max-Qについて、主要なAPIとゲームエンジンに採用されたレイトレーシング、AIベースでリアルタイムレンダリングを実行する“DLSS 2.0”といった特徴を紹介。高いフレームレートを実現することで「簡単なターゲットの追跡」「気が散る効果を低減」「プレイヤーをより早く視認」といった、対戦ゲームでキルレートが上がる効果をもたらすことが解説されました。

ROG Zephyrus G14では、100本以上のゲームをラインアップするマイクロソフトの定額ゲームサービス「Xbox Game Pass for PC」のアプリがプリインストールされ、30日間の無料期間が付属します。

ROG Zephyrus G14は、AniMe Matrix搭載でRyzen 7 4800HS、GeForce GTX 1650 Ti、16G RAM、512GB SSD、フルHD 120GHzディスプレイの構成で19万7800円(税込み)から。AniMe Matrix非搭載でRyzen 7 4800HS、GeForce GTX 1650、8GB RAM、512GB SSD、フルHD 60GHzディスプレイの構成で15万3800円(税込み)から。

この他、5月29日より順次発売される15インチの「ROG Zephyrus G15」、6月中旬に発売する15.6インチと17.3インチのゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming A15/A17」が同時に発表されています。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧