ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』243日目——私は悪意だ。(丸山健二小説連載)

 

私は悪意だ。

駆落ちしてまほろ町へ移り住んだ若い男女のあいだに生じる、極めて深刻な悪意だ。ほとんど同時に私に気づいた両者の顔は、みるみるうちに険阻なものに変ってゆく。互いに何か含むところがありそうなやりとりをしばらくつづけたあと、男は天を仰いで長息し、女は崩れかけている壁に寄りかかって、軒の点滴に耳を傾ける。とうとう地雨になった。

ふたりが胸のところにつけているバッジの青い鳥も、もはや私をついばんで呑みこんでしまう力を失っている。そしてふたりは遂に、言ってはならぬ言葉を口にする。まず女が、「お母さんのもとへ帰ったら」と言う。すると男は、「婚約者がいたなんて嘘だろうが」と言う。私としてはその一言ずつで万事休すだと思った。ところがなぜか、双方共に雨のなかへ飛び出して行く気配を見せず、問題の在り処についてそれ以上探ろうとはしない。しかもそのあとふたりは、夜中にこっそりとどこかから運んできたテレビを観ながら、私を除け者にして温かい晩飯を食べ始める。

ふたりは凄じい食欲でインスタント食品ばかり次から次へと貪り食い、腹いっぱいになると、ふたたび私を挟んで対峙する。しかしもう何も言わず、その眼は各地の花便りを告げるテレビの画面に釘づけになっている。そんなふたりをしっかり繋ぎとめているのがほかならぬこの私だとわかったのは、雨に代って月の光が降り注いできた、官能の夜更けだ。
(5・31・水)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy