ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』215日目——私は宣言だ。(丸山健二小説連載)

 

私は宣言だ。

まほろ町の議会で採択された決議のなかから威勢よく飛び出し、高らかに唱われた暴力追放の宣言だ。それにもかかわらず、まだ何もしていないうちから、私が腰砕けに終ってしまうことは、誰の眼にも明らかだった。「あんな連中は人間とは別の生き物だ」とまで極言した町長も、また、彼に賛同した町会議員たちも、ただ私を頭上に高々と持ち上げてみせただけで、結局何ひとつとして具体案を出さなかった。自衛のため決然として立とうと声高に言う者は数人いたが、総決起集会を開いたり、自警団を組織したり、監視所を設けたりする話までには至らなかった。

私はたった三枚の、それもちっぽけな看板に記されたにすぎなかった。鬘をつけた役場の職員と彼の部下によって、私は三階建ての黒いビルの前へ運ばれた。「こんな物でどうにかなるんでしょうか?」と部下は訊いた。「なるわけねえだろう」と上司は言った。しかし、いざ私が近くの街路樹に括りつけられると、予期に反して周辺の空気がぴんと張り詰めた。私は独り歩きを始めたのだ。そして灯点し頃になると、三人の極道者がビルから出てきて、私の前に立った。かれらと対峙する私は、住民が味方になってくれているかどうかを確かめた。案の定、こっちへ顔を向けてくれる者はひとりもおらず、皆は見て見ぬふりをして足早に立ち去った。だが、三人の男のほうも私に手を出すことはできなかった。
(5・3・水)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy