LG、『Optimus G』の発売イベントを韓国で開催、未発表の新機能“Qスライド”も公開

access_time create folderデジタル・IT

LGは9月18日、韓国において『Optimus G』の発売イベントを開催し、『Optimus G』のグローバル展開を発表しました。まずは来週、韓国3キャリアを通じて発売開始、10月より日本を皮切りに海外展開されます。日本の次は北米市場で発売されることになっています。

『Optimus G』は、4.7インチHD解像度のTrue HD IPS+ディスプレー、カバーガラス一体型タッチパネル、Qualcommのクアッドコアプロセッサ『Snapdragon S4 APQ8064』を搭載。2GB RAM、1300万画素カメラ、サイクル特性を高めた2100mAhバッテリーを搭載した新グローバルフラッグシップ。日本では『NOTTV』や『おサイフケータイ』などに対応したカスタマイズモデルが発売されます。

韓国で発売イベントが開催された同日、日本でもイベントが都内で開催され、これまで明らかにされなかった新機能“Qスライド”が紹介されました。LGは『Optimus G』で“Creative UX”と呼ばれる新たなUXを開発しており、その中に“Qスライド”が含まれています。“Qスライド”はマルチタスク機能で、一つのディスプレイで異なる2つのアプリをフルスクリーンで重ねて表示し、上側のアプリの表示を透過させることで、2つのアプリをフルスクリーンで利用できるというもの。透過度はスライダーで調節することができるそうです。

『Optimus G』にはこのほか、再生中の動画の任意の場所をピンチズームで拡大・縮小できる『ライブズーム』、HDMI接続したテレビとスマートフォンの画面に異なる内容を表示する『デュアルスクリーンデュアルプレイ』、『Optimus Vu』に初搭載されたメモ機能『クイックメモ』を搭載。カメラで撮影した画像の文字認識し、オンラインで自動翻訳する『Qトランスレーター』といった機能も搭載されています。

『Optimus G』(LG-F1800)のスペック
OS:Android 4.0(ICS)
本体サイズ:131.9㎜×68.9㎜×8.45mm 、質量145g
ディスプレー:4.7インチTrue HD IPS+、解像度1280×720ピクセル、カバーガラス一体型タッチパネル搭載
プロセッサ:Qualcomm Snapdragon S4 APQ8064 1.5GHz(クアッドコア)
メモリ:RAM 2GB、内臓ストレージ -GB
カメラ:背面に1300万画素、前面に130万画素
通信機能:Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA、Wi-Fi Direct、NFC
バッテリー:2100mAh、連続待受時間350時間、連続通話時間10.5時間
カラーバリエーション:ブラック、ホワイト
Source : LG



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、249gの軽量7インチタブレット「MEDIAS Tab UL N-08D」の予約受付を9月13日に開始、発売予定日は9月20日(更新:発売日が決定)
KDDI、「Galaxy S II WiMAX ISW11SC」のAndroid 4.0アップデートを一時停止、GPSが利用できなくなる不具合が見つかる
1shopmobile.comで「HTC J」と「Xperia miro ST23i」の販売が開始

access_time create folderデジタル・IT

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧