ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

漫画家『佐藤秀峰』にきく「前例なき大ヒット漫画の二次使用フリー化に挑む理由」

佐藤秀峰氏

漫画家の佐藤秀峰氏がまた面白い試みをおこなうという。なんと今度は大ヒット漫画「ブラックジャックによろしく」を「二次使用フリー」にするそうだ。
サイトからダウンロードしたものをコピーしても友達にばら撒いてもよし、改変したり二次創作を行うもよし、さらにはそれらを販売して勝手に儲けてもいいらしい。
なぜ今こういう試みをやろうと考えたのか。佐藤秀峰氏に時間をいただき、直接話をきいてきた。
(ききて:中島麻美)

著作権ビジネスへの疑問

「著作権で収入を得る、という今のやり方は、もう時代に合わなくなってきているんじゃないかな、というのは肌で感じています。著作権でお金を得るビジネスモデルとは別の方法を試していかないと」

漫画家・佐藤秀峰さんは静かな口調で話し始めた。

この9月15日に、佐藤さんは漫画「ブラックジャックによろしく」の作品の二次使用に関する許諾フリー化を正式に宣言し、二次使用に関するガイドラインを合わせて発表する。

同日には「ブラックジャックによろしく」原画展を中野ブロードウェイ内の「pixiv zingaro」で開催、会場内にはコピー機を置き、自由にコミック本データをコピーすることができるスペースを設けるのだという。

『ブラックジャックによろしく』1話より

※作品の二次使用とは
著作権法を読んでみると、「作品の二次使用」とは、一つの作品を、内容を損ねないようにドラマや映画や演劇などにアレンジすることを言う。
二次使用に際しては、作品の原作者に対して必ず許諾を求める必要がある(著作権法二十八条)。

「作品の二次使用」は、原作者にとっては大きな経済的メリットとなることが多い。
通常、ドラマ化や映画化などにあたっては、原作者に対して「二次使用料」が支払われ、また放映されることが広報宣伝効果となり、
作品の売上にも連動することが多いためだ。

今回、佐藤さんが二次使用を自由化すると宣言した「ブラックジャックによろしく」は全13巻で1400万部を超える売上を記録した作品。

その内容のすべて知らなくても大抵の人は題名ぐらいは知っているというほどのビッグタイトルだ。

なぜ二次使用フリー化をするのだろうか。

「漫画家は新作を描き続けてなんぼ。旧作品は眠らせていても一円にもならないですよ」と佐藤さんはすっぱり言う。

佐藤秀峰氏 と ききての中島麻美さん

1000万部売れた作品でも重版がかからない漫画出版の現状

「『ブラよろ』の場合、端的に言うと、<販売1000万部突破>という枕詞は、お金の面でも作品にとっても、いまとなってはそれほど意味が無いんです。最終巻が出版されたのが2006年ですが、それから一度も重版もかかっていませんから、印税は一円も発生していません。書店に行っても本はおいてないし、アマゾンでも新刊は品切れ。それなら、どんどん二次使用してもらえばいいと思ったんです」

本作品の二次使用を自由化するにあたっては、すべての権利関係を一旦佐藤さんの手元に取り戻す必要があった。

「調べてみると、講談社との間に結ばれていた出版権が10年間の契約となっていて、一部の巻はまだ契約が残っていました」

出版権とは、著作権法で定められている権利で、作品を独占的に出版することが出来る権利の許諾関係に関する取り決めのことをいう。

佐藤さんは講談社に対して出版権契約を破棄して欲しいという申し入れを行い、講談社はこれを受け入れた。

「こうして講談社との出版権も解消されたので、英語翻訳版の完成のタイミングに合わせて、二次使用フリー化を発表しました」

佐藤さんは、本作品をめぐって当初の版元の講談社との間で幾つかの深刻なトラブルを経験している。

この経緯については佐藤さん自身が著書『漫画貧乏』やTwitter等で記しているが、そのひとつがまさしく「作品の二次使用」に関する問題だった。

かつて佐藤さんと講談社の間になんの取り決めも交わされていないのに、講談社がTBSとの間で勝手にドラマ化の契約を行ったことがある。

この契約が不当なものであると弁護士を通じて交渉、1年9ヶ月間の交渉期間を経て、2011年に講談社は和解に応じた。

ドラマの再放送に関しても、二次使用に関する管理委託契約を結んでいない講談社が、佐藤さんに無断でTBSに許可を与えてしまい、そのことで再び佐藤さんが抗議をする、という経緯もあった。

そんなかつてのトラブルを経験した佐藤さんだが、今回「ブラックジャックによろしく」の二次使用を自由化すると宣言した。

二次使用に当たっては、事前の連絡も必要なく、使用料の支払いも必要ないという。これまであまり例を見ない試みだ。

「意外だったことといえば、発表後、『二次使用を予定しているが、使用料を少し払わせて欲しい。そのかわり<佐藤秀峰公認>の二次使用作品だということがわかるようなお墨付きをくれないか』という問い合わせが結構きたことかなぁ。『フリー版』と『公認版』が並んでいたら、公認版の方を手に取るのが消費者心理なのかもしれませんね。そういう意味では<公認>に対して金を払いたいという問い合わせには理解できるものがあったけど、一つの試みとして、すべての二次使用を自由にしてみたいので、お断りしました」

ただし、「ハンコ」は作ったのだという。

「いいね!ボタン的な意味合いのハンコです(笑)。二次使用ガイドラインには、事前連絡はいらないけど、二次作品を作ったら事後報告を出来ればして欲しいということを書いているので、送ってくれたものに関して、良いモノには、ハンコをポンと押そうかな」

佐藤秀峰氏がつくった「ハンコ」
1 2次のページ
中島麻実の記事一覧をみる

記者:

お米料理が好きな中島麻美です。 チャーハン、まぜごはん、どんぶり、たきこみごはんにお世話になっています。 酒のつまみは唐揚げが好きです。定食はとんかつが好きです。 出版社でOLしています。仕事柄会食が多いです。 2口ガスコンロ、2畳足らずの狭いキッチンからお届けします(・∀・)

ウェブサイト: http://www.facebook.com/nakashimaasami

TwitterID: aknmssm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき