【衝撃】FF7リメイクの神羅カンパニーはFF10のアルベド族が作った / FF13とFF15の関連性とも酷似

access_time create folder生活・趣味
ff7r

ファイナルファンタジー7リメイク(FF7リメイク)のストーリーを語るにあたり、決してスルーすることができない存在が神羅カンパニーである。魔晄炉で星から魔晄エネルギーを抽出し、それの電力化に成功。人類が生きるための基盤を作り上げた企業だが、内部は支配と独裁に満ちた腐敗しきったものとなっている。

・神羅カンパニーに奥が深い歴史

そんな神羅カンパニーの正式名称は「神羅電気動力」で、トップに君臨するのはプレジデント神羅またはルーファウス神羅ということになっているが、実はこの企業、かなり奥が深い歴史がスクウェア・エニックスの公式裏設定として存在するのである。

・FF10-2に登場したシンラ君

ファイナルファンタジー10(FF10またはFFX)の続編として知られている、ファイナルファンタジー10-2(FF10-2またはFFX-2)にシンラ君という名のキャラクターが登場するのだが、彼こそが、神羅カンパニーの始祖なのである。

ff7r-image10

・ルーファウス神羅はシンラ君の子孫

シンラ君はFF10-2の世界に住むアルベド族の少年で、FF10-2プレイヤーならば誰もがご存じのカモメ団というグループに属している。シンラ君は非常に科学的好奇心がある少年で、星について徹底的に研究。ついには宇宙船を開発し、FF10-2の舞台となる星を飛び立ち、FF7リメイクの舞台となる惑星に到着。そこで発見した魔晄エネルギーを駆使し、神羅カンパニーの始祖となった。そして、プレジデント神羅とルーファウス神羅はシンラ君の子孫であることも裏設定として判明している。

・魔晄エネルギーと幻光虫とライフストリーム

魔晄エネルギーは、FF10にも登場したエネルギーである「幻光虫」や「ライフストリーム」とほぼ同義語で、同様のエネルギーと考えて良い(より細分化すると意味的に違う部分もあるが)。確かに、描写や設定も酷似しているし、ほぼ同じだ。

ff7r-image9

・FF10から2000年後の物語

つまり、FF10とFF7Rの世界は同じだが、違う惑星の物語ということになる。また、時代的にもFF10から2000年後の物語がFF7リメイクということになるので、かなりの時間が経過している。

・古代種がFF7Rの惑星にもともと住んでいた可能性

ただしこの設定でひとつ不明な点がある。それはシンラ君がFF7Rの惑星に降り立ったとき、すでに先住民といえる人類がいたのかどうかという点だ。FF10の惑星に住む人類がFF7リメイクの惑星に移住したのか、それとも先住民がいたのか、その点が不明なのである。FF7リメイクでは古代種と呼ばれる種族の存在が明らかになっているため、その古代種がFF7Rの惑星にもともと住んでいた先住民との見方もできるが、その点は公式に判明していない。

また、FF10とFF7Rの関係性は、FF13とFF15の関係性にも非常に酷似している。FF13の世界は続編にて崩壊し、FF15の惑星へと魂が移された。その名残として、FF15にはFF13の神話が受け継がれている。

余談だが、FF10の主人公ティーダは最終的に壮絶な死を迎えているが、ゲーム内で語られていないため、知らないプレイヤーは多い。


もっと詳しく読む: FF7リメイクの神羅カンパニーはFF10のアルベド族が作った / 神羅電気動力の始祖がFF7R世界を開拓(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/04/22/ff7-ff10-2-shinra-kanren-news/

(C) 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION: (C) 1997 YOSHITAKA AMANO

access_time create folder生活・趣味

バズプラスニュース Buzz+

知らなかった!がそこにある「速報ニュース バズプラス」。世界の情報を集め、気になるニュースをお届けします。

ウェブサイト: http://buzz-plus.com/

TwitterID: buzzplus_news

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧