ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

プロフェッショナルインタビュー:宮坂 学(後編)

プロフェッショナルインタビュー:宮坂 学(後編)

この記事は『LinkedIn navi』の『プロフェッショナルインタビュー』から寄稿いただきました。

前編はこちら
https://getnews.jp/archives/250076

プロフェッショナルインタビュー:宮坂 学(後編)

日本を代表するインターネット企業・ヤフー株式会社。今春に発表された大改革人事で新社長に抜擢されたのが、44歳の宮坂学さんだ。スニーカーにTシャツ姿で軽やかに登場し「僕自身は、六本木よりも自然の中になじみがあるんです」と語る様子からは、親しみやすさと、気負いよりも新しい未来への期待感が伺えます。自身を“やんちゃ”と評する宮坂さん、誰もが気になるその人物像に迫ります。

プロフィール

宮坂 学(みやさか まなぶ)
1967年山口県防府市生まれ。同志社大学経済学部卒業。92年、株式会社ユー・ピー・ユーに入社。企業PRや創刊間もない『Esquire Magazine Japan』などの雑誌にも関わる。97年、創業2年目のヤフー株式会社入社。2002年メディア事業部長、以降『スポーツナビ』運営、ニューズウォッチ(現デジアナコミュニケーションズ)やオリコンDDなどの取締役を兼務、09年には執行役員コンシューマ事業統括本部長に就任。2012年6月より現職。

LinkedInプロフィール >>
http://www.linkedin.com/in/miyasaka[リンク]

第3章
ユニークな会社から転職後、5年で部長へ。
仕事場は六本木、思索は自然の中が宮坂スタイル。

プロフェッショナルインタビュー:宮坂 学

― すごくパワフルな会社に入社され、社会人としての初仕事は何だったのですか?

新入社員向けの企業PR誌の製作です。入社して1か月くらいで、コンペに勝ったのには驚きました。企画書を書いて営業し、取材や編集、入金までやってました。すべて一気通貫でやりましたから、とても勉強になりましたね。ちなみに当時の僕のPCはマックプラスだったので、実はあまり動かなかったですが(苦笑)。

ただ、悲しいことに、会社に入ったらバブルがはじけたんです。景気が悪くなってしまった。だから、会社員でありながら、代理店の友達から依頼された仕事をこなしたり、フリーランス的な仕事もやってたくらいです。貧乏でしたから。

この会社には5年間勤めました。とにかく面白い人が多かったし、いろいろなことを早くキャッチする人が多かった。インターネットについても相当早くから関わっており、先駆者として知られる村井純先生をお呼びするイベントをやったりと、先見の明がありました。

もちろん個人的にも、ネット関係をやらないと今後大変なことになると感じていました。ネットの勉強をやって、HTMLを覚えてフリーランスで会社のサイトを作ったりとかしていましたよ。

― ヤフーに入社されたきっかけを教えてください。

アメリカでヤフーができると知ったときは、大きな話題になりましたし、注目していました。やっぱりシリコンバレーはすごいなと。その後ヤフーが日本に来て、翌年の人材募集を知って応募したんです。

入社したとき、ボーナスを「月」単位でもらえたのには衝撃でした。それまでは小さな会社ですし、「万」単位でしたから、僕の中では大きなパラダイムシフトでした(笑)。

プロフェッショナルインタビュー:宮坂 学

― ヤフーではどのような仕事を担当されてきたのですか?

最初は、営業企画からでした。まだ組織が小さかったので、文系とエンジニアというようなざっくりとした分け方で、『Yahoo!ファイナンス』を担当したのが最初です。それも経済学部出身だからというような、あんまり関係ない理由。その後、スポーツ関係、例えば2002年の日韓ワールドカップの公式サイトやYahoo!ドームの命名権、あとは映像サービスに天気にニュースなど、さまざなことをやらせてくれる舞台がありました。

― キャリアを順調にのばされていると感じるのですが、失敗などはなかったのでしょうか。
ヤフーでは、やりたいことがあればなんでもできる環境でした。前の会社は、残念ながらやりたいことがあってもなかなかできなかった。営業をかけるにしても、先方の代表電話のダイヤルを回しての営業はとても難しい。でもヤフーの場合は、皆さんに興味をもってもらえ、仕事の進め方がとても楽になりました。面白くてしょうがなかったです。

もちろん、テンションが下がったり、スランプの時期はあります。そんなときは、1人で自然の中で考える。これが僕のやり方なんです。

― たった5年で事業部長への昇進とはすごいですね。実感はありました?

狙って昇進したわけではなく、自分としては“流れ”で来た、という感じでした。上を目指すというのではなく、変わらない日常が続くことが嫌なんです。たとえば、ビーチでのんびりとかできないんです。山登りやジョギングなら大丈夫なんですが(笑)。

フットワークは軽い方ですが、とにかくせっかちなんですね。

― どうやって今の地位にまで就かれたとお考えですか?

知的好奇心がつきなかった、ということでしょうか。今振り返ると、もしかしたら普通に銀行員としての人生を歩んでいたかもしれません。普通に就職していたら、です。結果的に見ると、半分ドロップアウトしていたときに観た『ベストヒットUSA』、本など、就職面接で出会った人などに影響を受けたんでしょうね。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき