ドコモの5Gサービスは3月25日スタート 月額7650円の5G版ギガホ含む料金プランと対応スマートフォン6機種を発表

access_time create folderデジタル・IT

NTTドコモは3月18日、「5G・新サービス・新商品発表会」をオンラインで開催。3月25日から開始する5Gサービスの料金プランと新サービス、対応スマートフォン6機種を発表しました。

料金プランは定額制の「5Gギガホ」とデータ使用量に応じて段階的に料金が決まる「5Gギガライト」の2プランを3月25日から提供を開始します。いずれも基本プラン、ISP、パケットパックをワンパッケージにした料金プラン。

5Gギガホは利用可能なデータ量が100GBで月額7650円。発表会では無期限のキャンペーンによりデータ量は無制限として、3回線以上の「みんなドコモ割」、「ドコモ光セット割」、「5Gギガホ割」、「dカードお支払い割」の各種割引を適用して月額4480円という料金イメージを提示しています。5Gギガホ割は最大6か月間、月額1000円を割引するというキャンペーン。

5Gギガライトは1GBまでの通信は月額2980円、3GBまでは3980円、5GBまでは4980円、7GBまでは5980円の料金プラン。発表会では各種割引を適用して、1GBまで1980円で利用可能としています。

5Gエリアは2020年3月末時点では全国150か所、2020年6月末には全都道府県、2021年3月末には全政令指定都市を含む500都市、2022年3月末には2万局の設置を目指すことを発表。通信速度は2020年3月は下り最大3.4Gbpsで上り最大182Mbps、2020年6月以降は下り最大4.1Gbpsで上り最大480Mbpsに対応を予定しています。

5G対応端末は、スマートフォン6機種とデータ通信端末1機種を発表。

「Galaxy S20 5G」は3月25日に発売予定。受信時最大3.4Gbps、送信時最大182Mbpsの通信速度に対応します。8K動画撮影に対応し、約6400万画素の望遠カメラを搭載。ズームしても画面が粗くならない高精細で、女性にもスリムで持ちやすいとしています。

「AQUOS R5G」は3月25日に発売予定。受信時最大3.4Gbps、送信時最大182Mbpsの通信速度に対応します。8K動画撮影に対応し、被写体を自動追従するズーム再生機能を搭載。

「LG V60 ThinQ 5G」は4月下旬以降に発売予定。受信時最大3.4Gbps、送信時最大182Mbpsの通信速度に対応します。画面ごとのマルチタスクや一方の画面をゲームコントローラーに使える2画面スマートフォン。

「Xperia 1 II」は4月下旬以降に発売予定。受信時最大3.4Gbps、送信時最大182Mbpsの通信速度に対応します。ZEISS LENS搭載のトリプルレンズカメラを搭載し、最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写に世界で初めて対応します。

「Galaxy S20+ 5G」は5月下旬以降に発売予定。ミリ波の5G通信に対応し、受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbpsの高速通信が可能。6.7インチ大画面、4500mAhバッテリー、128GB RAMのスペックを誇ります。

「Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition」は6月以降の発売予定。国内ではドコモ独占販売の東京2020オリンピックモデル。

「arrows 5G」は6月下旬に発売予定。受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbpsの高速通信に対応。指紋ロック解除と同時にアプリを高速起動する機能や、シャッターを切るだけでAdobeの自動補正によりプロ並みの写真に仕上がるカメラ機能を搭載します。

5G対応のWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION」は5月下旬以降に発売予定。受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbpsの高速通信に対応。Wi-Fi 6に対応し、高速有線LANポートを内蔵します。

さらに、5G対応端末としてMRヘッドセット「Magic Leap 1」を5月以降に販売開始することを発表しました。こちらは一般向けというより、XRコンテンツの開発や導入を進める法人やクリエーター向けの販売を想定している模様。

4G向けにも「Xperia 10 II」「arrows Be4」「Galaxy A41」「LG style3」のスマートフォン4機種とタブレット「dtab」の1機種を発表しています。

5G対応コンテンツはサービス開始初日から楽しめる「From Day 1」として、「音楽・ライブ」「ゲーム」「映像」「スポーツ」の各カテゴリーでコンテンツをラインアップ。音楽・ライブでは、「新体感ライブ CONNECT」としてアップデートした“8KVRライブ”のイベントをキャンペーンキャラクターであるSixTONES、Snow Man出演で3月18日に実施します。3月21日には『直観×アルゴリズム』の日中同時VR音楽ライブを無観客で開催予定。

ドコモが5G時代を想定した8KVRライブ配信を発表 SixTONESとSnow Man出演のライブイベントでお披露目へ
https://getnews.jp/archives/2370233

ゲームでは高速・大容量という5Gの特性を活かしたクラウドゲームの配信を「dゲーム」で3月18日から開始。今春にはコーエーテクモゲームスの『真・三國無双8』、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY XV』の配信を予定しています。『エヴァンゲリオン バトルフィールズ』では、5Gの特性を活かした複数プレーヤーの同時対戦機能を提供予定。

映像では、『アナと雪の女王2』を題材にしたVRコンテンツ『Disney MYTH:アナと雪の女王/秘められた神話』を国内独占で配信するほか、「dアニメストア」向けにMVとアニメーションを画面の縦横の向きで切り替えて再生できる神風動画×東京事変のタテヨココンテンツ、『舞台 鬼滅の刃』のマルチアングル視聴のコンテンツを提供。「ひかりTV for docomo」では最大7番組が同時視聴できるマルチストリーミング機能を提供します。

スポーツではJリーグのマルチアングル視聴とスタッツの提供、Tリーグのトップパートナーとしてマルチアングル観戦など公式サービスの共同企画、リモートプロダクションやAI活用など映像制作の高度化を手掛けることを発表。

上記サービスや端末は全国のドコモショップに設置する5G体験コーナーで体験が可能。2020年3月27日までに5G体験コーナーを102店舗に展開するとしています。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧