目標到達の有無によらず資金受け取りが可能に 『READYFOR』が新型コロナウイルスの影響で中止なったイベント支援プログラムを開始

access_time create folder政治・経済・社会

政府が2020年2月26日に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のため、大規模イベントについて今後2週間は自粛を要請し、コンサートなどの中止や延期の発表が相次いでいます。中には、ロックバンドNon Stop Rabbitの田口達也さんのように、所属会社が倒産しかねない打撃を受けることを訴えるケースも出てきています。

イベント自粛による赤字は1000万円?  Non Stop Rabbit・田口達也さんのツイートが話題に
https://getnews.jp/archives/2422099 [リンク]

こうした中、クラウドファンディングサイト『READYFOR』が、新型コロナウイルスの影響で中止となったイベントを支援する特別クラウドファンディングプログラムを開始を発表しています。

対象となるのは、新型コロナウイルスの影響で中止となり、会場費などの損失が発生したイベント。プログラムでは、目標金額への到達の有無に関わらず集まった資金を受け取ることができるALL-IN形式を適用し、サービス手数料が無料となり決済手数料(5%)のみでのクラウドファンディング実施が可能となります。

記載事項の条件は下記の通り。

・イベントの開催中止により発生した損害額を明記すること。
・保険による損害の補填の有無について明記すること。
・クラウドファンディングで集めた金額はその損害の補填に充てること。
・損害額を超えて支援金が集まった場合の資金使途を明記すること。

申し込み期間は2020年3月31日までですが、今後の状況を鑑みて延長する場合があるとのこと。審査期間は申込み後3営業日以内で、2020年3月以降、準備ができたものから順次公開予定。支払いはプロジェクト終了日から翌々月の10日ですが、早期入金オプションが適用された場合、最短でプロジェクト終了日から3営業日で振り込まれることも可能となっています。

『READYFOR』特別クラウドファンディングプログラム申し込みフォーム
https://redirect.readyfor.jp/covid-19 [リンク]

access_time create folder政治・経済・社会

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧