メルカリでdポイント利用可能に 「d払い」と「メルペイ」の残高連携も

access_time create folder政治・経済・社会

NTTドコモとメルカリは、2月4日、一部報道が出ていたキャッシュレス決済領域での提携について記者説明会を開催。ドコモの吉澤和弘社長とメルカリの山田進太郎CEOが登壇し、「dアカウント」と「メルカリID」の連携、および両社のポイントをシームレスに利用できる決済サービスの業務提携を発表した。

ID連携により顧客基盤を強化

2020年5月以降、両社のIDを連携することで、メルカリの取引き1回につき、取引額100円ごとに1ポイントのdポイントを還元。貯まったポイントは、1ポイントあたり1円としてメルカリでの取引きに利用できる。

またスマホ決済事業についても、「d払い」ウォレットと「メルペイ」ウォレットの電子マネー残高およびポイント残高の連携、各社のサービスにおけるポイントのシームレスな利用を実現。

d払いが136万か所、メルペイが170万か所と提携している決済サービス加盟店を、2020年初夏に共通化する予定としている。

「両社が持つさまざまなアセットを連携し、世の中へ新しい価値や体験を提供していきたいと考えている。ドコモと連携することで、メルカリが目指す循環型社会に向けて個人間でより簡単かつ安全にモノを売買できるマーケットプレイスの実現と、日本のキャッシュレス化の推進を目指していく」(山田CEO)、「今回の業務提携により、両社のサービスがより使いやすいものとなる。アカウントやポイント、ペイメントが連携することで、ユーザーがどちらのサービスから入ってきても共通化された多くの加盟店で利用ができる。ドコモとしては、これだけ大きなEC事業者との連携は初めて」(吉澤社長)と、それぞれ期待を口にした。

ポイント還元キャンペーンを実施

今回の提携を記念し、2月4日から2月24日まで、「メルカリでd払いを使うと+10%還元キャンペーン」を実施。2月の「毎週おトクなd曜日」と組み合わせることにより、メルカリでd払いを利用して買い物をすると、通常のポイントに加えて、購入金額の最大20%分のdポイントが還元される。

さらにキャンペーン期間中は、メルカリでのd払い1回につき、決済手数料(1回100円)分のdポイント(期間・用途限定)がユーザーに進呈される。

access_time create folder政治・経済・社会
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧