「綿菓子屋さん ふわり。」34のおっさん奮闘記――「小学生姉妹」のデザインした缶バッヂが人気商品に!?(7月29日)

access_time create folderガジェ通

「ふわり」チラシ

「綿菓子屋さん ふわり。」営業日報(7月29日)

福井から上京してきて東京で綿菓子屋さんをオープンしました「綿菓子屋さん ふわり。」店長、竹内力也(34)です。お店の状況やお店の周りで起きたことを日報としてお伝えします。本日の営業日報になります。

【7/28の売上発表】

来客数:約42人

販売数:
綿菓子・・・・・・・・・・・51本(食べ放題含む)

ラムネ・・・・・・・・・・・25本

緑茶・・・・・・・・・・・・・4本

缶バッヂ・・・・・・・・・・・10個

売上:¥10,800

「小学生姉妹」のデザインした缶バッヂが人気商品に!?

うちのお店には小学生姉妹の常連様がいます。 「おっさん!綿菓子!」と元気に来店して来る姿に他のお客様もつい笑顔になってしまう、そんなムードメーカーな二人です。オープン当初からの常連様なので僕のやる仕事はだいたい把握していて、何かとお手伝いをしてくれます。

今日は缶バッヂを製作する「缶バッヂマシーン」に興味津々で「手伝う!作りたい!」とお仕事を申し出てくれました。2~3個作って貰ってもいいかなと、お仕事をお願いしました。 ボールペンで絵を描いて、切って、貼って、缶バッヂ製作完了。

小学生缶バッヂ

「お!なかなかいいじゃないか!売れちゃうかもなー!」そう言うと姉妹は俄然やる気に!二人で10個作ってくれました。 作りすぎ…。まあ売れなくても、かわいいしディスプレイ代わりに置いておこう…。ところが!これが飛ぶように売れる! なんと1日で8個を売り上げ、まさかの人気商品に!(ふわりの缶バッヂは2個販売)

この結果を知ったら二人は喜ぶでしょうね。今度姉妹が来たら綿菓子とラムネたっぷりご馳走しようと思います。

あの男が帰ってきた!? ニコ生を騒がせ続けた伝説の生主のご来店

「兄さん来たよ!」と巨体をくねらせやって来たのは、結婚を期に放送から身を引いた生主、石川典行。

石川典行 よくもまぁこんな豚が結婚できたもんだ。 奥さんかわいいなぁ。 うらやましいぞ豚!はよ帰って来い。

わざわざうちの綿菓子を食べる為だけに仕事帰りに来てくれたとの事、嬉しいですね。

彼には色々噂が絶えず、本当は結婚してないんじゃないか?と囁かれていました。(僕もそう思ってました。)

ところが彼の横には若くて綺麗な女性が寄り添い、二人の指には指輪がキラリ…本当に結婚するんだなぁ。よくもまぁこんな豚(ry お幸せそうで何よりです。久々の生放送出演に本人も当時を思い出し懐かしんでいる様子。

石川典行「引退したわけじゃないから、いつでも配信できる。落ち着いたらまた放送するよ。」

彼を慕うリスナー(足軽)は放送再開を心待ちにして待っていて欲しい。

「綿菓子食べ放題」の新チャンプの誕生!なんと女性!!

「ここに来る前にソラ町でクレープとパフェを食べて来ました」と語る新チャンピオン。なんと綿菓子17本をペロリと平らげまだまだ余裕の表情。 どんな巨漢が!?と思われるかもしれないが、これがスタイル抜群の綺麗な女性。

新チャンプの女性

綿菓子が大好きでいくらでも食べられると話すお客様。 次回来店時は更に記録を更新したいとの事! お待ちしております!

co352781

「綿菓子屋さんふわり。」生放送 http://com.nicovideo.jp/community/co352781 (※無料で視聴出来ます。)
(記事:竹内力也)

「綿菓子屋さん ふわり。」とは。

34歳の無職の人生詰んだおっさんが2ちゃんねるVIPで突如「綿菓子屋さんになる!」とスレ立て。
VIPPERの提案を元に、半年後、本当に綿菓子屋さんを開業。その名も「綿菓子屋さん ふわり。」(※命名VIPPER)
福井県で開業したが祖母の熱烈ビンタを食らい屋台を燃やされ、廃業。
それから2ヵ月沈黙の後……今度は東京で「綿菓子屋さん ふわり。」開業。その行動力と意外性から大勢のおっさん支持者を獲得、応援メッセージが多数届く。オープン初日は180人を超える来客数があり、予想以上 の反響におっさん涙目。現在、ガジェット通信(週一のバイト)を掛け持ちしながら、「綿菓子屋さん ふわり。」を経営。

access_time create folderガジェ通

力也

雑談系生主として福井で活動するが2012年7月に上京。ガジェ通スタッフとなる。2chVIPで「綿菓子屋さんふわり。」をオープンなど奇行は数知れず。

ウェブサイト: http://rikiyahaisin.web.fc2.com/

TwitterID: lilyfilter

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧