ネコ型ロボットの「MarsCat」がクラウドファンディング中

access_time create folderエンタメ

中国のElephant Roboticsは、ネコ型ロボット「MarsCat」のクラウドファンディングをKickstarterで行っています。目標額の2万ドル(約216万円)はすでに達成し、記事執筆時点で目標額の5倍近くとなる9万6000ドル(約1040万円)を集めることに成功しています。

MarsCat: A Bionic Cat, a Home Robot
https://www.kickstarter.com/projects/1655380003/marscat-a-bionic-cat-a-home-robot?lang=ja[リンク]

MarsCatは完全自律型のネコ型ロボット。人間に触られたり、声で呼ばれたり、内蔵カメラで見たものを認識することでコミュニケーションを取ります。個別のMarsCatの性格は、飼い主とのコミュニケーションによって変化していくとのことです。

MarsCatの体色は、白、グレー、茶色、黒の4色。それぞれ目の色と首輪の色も異なります。重さは2.5キロ。Kickstarterでの価格は649ドル(約7万円)~749ドル(約8万1000円)となっています。一般販売予定価格は1299ドル(約14万円)とのこと。

完全自律型のネコ型ロボットということで、MarsCatも本物のネコのように、次にどういう行動をするかは予測不能です。MarsCatは歩く、走る、寝る、座る、伸びをする、爪を噛む、ものをこねる、ゴミを埋めることなどの行動が可能です。ジェスチャーや鳴き声で感情表現することもできます。デフォルトで「静かに」、「お座り」といった音声による命令コマンドがいくつか用意されていますが、コマンド通りに行動するかどうかは、本物のネコ同様気分次第ということです。

ソニーの犬型ロボット「aibo」との比較表も開示しており、大きな相違点として価格、性格変化の有無、センサーの数などを挙げています。

MarsCat—A Bionic Cat, a Home Robot(YouTube)
https://youtu.be/WMWmliuyAbU

※画像とソース:
https://www.kickstarter.com/projects/1655380003/marscat-a-bionic-cat-a-home-robot?lang=ja

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧