Xiaomiが日本市場進出を発表 第1弾は5万円台の5眼カメラ搭載スマホ「Mi Note 10」に活動量計・モバイルバッテリー・炊飯器・スーツケースをラインアップ

access_time create folderデジタル・IT

中国メーカーのXiaomi(シャオミ)は12月9日、日本市場への進出を発表。第1弾の製品ラインアップとして、スマートフォン、活動量計、モバイルバッテリー、炊飯器、スーツケースを発表しました。

「Mi Note 10」は、6.47インチの3D曲面有機EL(AMOLED)ディスプレイを搭載するAndroidスマートフォン。Snapdragon 730Gプロセッサー、6GBのRAMと128GBの内蔵メモリーを搭載し、バッテリー容量は5260mAh。

1億800万画素の広角レンズ、500万画素の望遠レンズ、1200万画素の望遠レンズ、2000万画素の超広角レンズ、マクロレンズの5眼カメラを搭載。日本に設立した世界で9番目のカメラR&Dセンターで開発されたものとのこと。この構成により、0.6倍から50倍までのシームレスなズーム体験を実現しています。インカメラは3200万画素カメラを搭載。Mi Note 10はメインカメラが7枚のレンズ構成であるのに対して、8枚のレンズ構成で8GB RAM、256GB内蔵ストレージを採用する「Mi Note 10 Pro」の発売も予定しています。

本体カラーはミッドナイトブラック、オーロラグリーン、グレイシャーホワイトの3色。Mi Note 10は12月9日から予約受付を開始し、12月16日に発売。価格は5万2800円(税別)。Mi Note 10 Proは12月9日から予約受付を開始し、12月23日に発売。価格は6万4800円(税別)です。

「Mi スマートバンド 4」は、120×240ピクセルのAMOLEDディスプレイを搭載する活動量計。フィットネスの統計、メッセージ、アプリ通知、再生中の音楽を表示でき、内蔵する6軸センサーによりアクティビティの計測が可能。5ATMの防水機能を備え、水泳のトラッキングにも対応します。バッテリー容量は135mAh。最大2時間の充電で最大20日間駆動します。カラーは5色展開。12月9日から予約受付を開始し、12月23日に発売します。価格は3490円(税別)。

「10000mAh Mi 18W 急速充電パワーバンク 3」は、10000mAh容量のモバイルバッテリー。USB-Aと入出力に対応するUSB-Cポートを搭載し、18Wの急速充電が可能。Bluetoothヘッドセットや活動量計の充電に向く低電流モードにも対応。シルバーとブラックの2色をラインアップし、年内に発売を予定。価格は1899円(税別)です。

「Mi IH 炊飯器」は、3mmの内釜と誘導加熱技術により、熱を均一に伝えて釜内部の温度差を最小に抑えるIH炊飯器。Wi-Fiに接続して「Mi Home」アプリから遠隔操作することも可能。年内に発売予定で、価格は9999円(税別)です。

スーツケースは2モデルをラインアップ。アルミニウムマグネシウム合金シェルを採用する「Xiaomi メタルキャリーオンスーツケース 20インチ」を年内に1万7900円(税別)で、38リットル容量の「Xiaomi スーツケース クラシック 20インチ」を年内に7990円(税別)で発売を予定しています。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧