本格芋焼酎『海童 焼き芋』は、人気の「シルクスイートⓇ」を焼き芋にして仕込んだ逸品。お湯割りから立ち上る甘く香ばしい香りに“違い”歴然。

access_time create folder生活・趣味

 

今年も残すところわずか。料理ならあったかい鍋、お酒ならお湯割りが嬉しい季節である。今日は、そんなお湯割りがおすすめの本格芋焼酎のご紹介だ。浜田酒造株式会社(鹿児島県いちき串木野市)が発売している本格芋焼酎『海童 焼き芋』は、その名の通り、焼き芋の甘い香ばしさが感じられる焼酎である。しかも、その甘い香りを最も感じられる飲み方が「お湯割り」なのだそうだ。これは試さずにはいられない!

 

立ち上る香りだけでも幸せ気分に!

お湯割りの基本は、まず先にお湯をグラスに注ぐ!

何はともあれ、さっそくお湯割りである。グラスに少し熱めのお湯を注ぐ。お湯割りの基本は、まずお湯を先にグラスに注ぐことだ。それによりグラスが温まり、お湯の温度はちょうどいい頃合いに下がる。そしてそこに常温の本格芋焼酎『海童 焼き芋』(900ml瓶・希望小売価格 税抜1,280円・発売中)を合わせるのである。

メーカーおすすめは、お湯5に対して焼酎5。焼酎を注ぐと、お湯との温度差で自然と対流が発生し、均一なお湯割りの完成である。

 

まずは焦らずに、グラスから立ち上る香りを楽しむ。香ばしい甘い香りが蒸気とともに鼻から入って、脳の快楽を司る部分を刺激する。何とも癒やされる瞬間である。これは単に記者が酒好きだからではなく、科学的にもそうした効果が認められているという。

バラやハーブにも含まれるリナロールという香り成分が芋焼酎には含まれており、この香り成分の鎮静作用によりくつろいだ気分になるだけでなく、免疫性が高まり、元気になるのである。

能書きはともかく、この『海童 焼き芋』のお湯割りの香りは、実に素晴らしい。そして冷める前に液体を口に含むと、口の中に甘い後味が残る。これが「焼き芋仕込み」独特のものなのだろう。何ともまろやかな甘みが、また次の一口を誘うのである。

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味

おためし新商品ナビ

お店に並ぶ新商品を実際に買って、使って、食べて、記事にしています。写真はプロカメラマンが撮影! 楽しいお買い物のナビゲーターとしてご活用ください!

ウェブサイト: http://www.shin-shouhin.com/

TwitterID: Shin_Shouhin_

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧