マイクロソフトのタブレット『Surface』のプレゼンテーションでフリーズ! もはや伝統芸

access_time create folderエンタメ

マイクロソフトのタブレット端末『Surface(サーフェイス)』の発表会でマイクロソフトらしい、事故が起きてしまった。その事故とはなんとタブレットを触っている最中に端末がフリーズしてしまうと言うものだ。

まだ完全な製品版ではないので仕方無いものの、マイクロソフトだと「またか」と思わせるこの伝統芸。予備に置いてあった端末と取り替えプレゼンテーションを続行するのであった。
フリーズに気づいてから慌て出す様がなんとも面白い。

過去にはビルゲイツが登壇しているWindows98の生放送にて、スキャナを接続したとたんにブルースクリーンが起きるという事故が起きた。そのブルースクリーンにギャラリーは大喜びし、ビルゲイツも苦笑い。
今でこそ安定して動作するWindowsだが、昔はフリーズ&強制終了のオンパレードだったのだ。

今回フリーズした『Surface』は、開発版である。製品版まで改善されるであろう。

Surface presentation FAIL
ビルゲイツ生放送でWindows98がクラッシュ[リンク]
http://youtu.be/fVbXC0QgMoU

※動画はYouTubeより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

access_time create folderエンタメ
ソルの記事一覧をみる

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧