ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「彼女のことが好きすぎて馬鹿になった。離れたら死ぬ!!」 巧妙な作戦に全員騙された結果……絶対にバレてはいけないミッション・インポッシブル!~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

夢にまで見たあの娘!千載一遇の大チャンス

秋の夕暮れに抱きしめた謎の女が誰なのか、ついにその正体を突き止めた匂宮。薫が彼女を隠していると知るや、粗末な格好に身をやつし、冬の宇治へと馬を駆ります。道中急いだので、夕方に京を出て、宵を過ぎた頃には宇治に到着しました。

コーディネーターの道定(薫の家司(執事)の娘婿)も、初めて来るので不案内。一応、薫の家来から詳しい間取りなどを聞いていたので、それを頼りに警備の侍たちを避け、葦の垣根を少し壊して、宮を中へ引き入れます。

女房たちはまだ起きている様子。薫が小ぎれいに造った寝殿ですが、やはりそこは山荘、どことなく荒い作りの上、誰もこないだろうと油断しているのでのぞき放題です。

明るい灯の下、数人の女房たちが裁縫をしています。糸を撚っている少女は、二条院で見かけたあの子。そしてその奥に、夢にまで見た娘が横になっていました。(おお!)上品で美しい顔だちは、不思議と中の君に似ています。

女房たちのとりとめないおしゃべりから、宮は彼女が明日、石山詣で(滋賀県大津市の石山寺参詣。平安貴族の間で参詣がブームだった。作者の紫式部もここで源氏物語のインスピレーションを得たと言われている)に行くこと、それはせっかちな乳母が独断で決めたらしいことなどを知ります。今は1月の下旬ですが、薫は早くても来月頭に来るかどうかというところなので、その前に行く予定なのでしょう。

二条院の奥様(中の君)は本当にお幸せね。若君までお生まれになって、宮さまのご寵愛はいよいよ揺るぎないとか。それもこれも、乳母どのみたいな、せっかちでおせっかいな人がそばにいないからこそ、ゆったりとお上品に見えるんだわ」「まあ、うちのお姫様だって、殿(薫)さえもう少し大切にしてくだされば……」。

この言葉に、横になっていた姫は少し身を起こして「そんなこと言わないで、聞き苦しいわ。他の人はともかく、二条院のことを引き合いに出したりして、もしあちらに伝わったらどうするの」

せっかちな乳母とは、恐ろしい形相で自分に抵抗したあのバアさんのことだろう。やはりこの人は夢にまで見たあの娘だ! そう思うとまるで夢のような気分ですが、中の君との関係は謎。よく似ているが、一体どの程度の親族なのかと思います。異母妹ですよ!

気高く艶やかなのは中の君ですが、この人は可憐で、繊細な顔の作りが魅力的。もとより、恋は盲目を全力で生ききるタイプの男、見れば見るほど目の前の彼女に夢中です。

「ああ眠い。もうこんな時間ね。昨日も徹夜で頑張ったからもう寝ましょ。残りは明日の朝起きて縫えばいいわ。母君のお迎えも、来るのはせいぜい日が高くなってからだろうし」。

女房たちはこういってその場で雑魚寝をはじめます。彼女も少し奥に入って休む様子。(明日から出かけるようだし、今しかチャンスはない!)と思った宮は、即座に行動に出ます。

背丈も声も匂いも…巧妙な作戦に全員騙された結果

トントン、と戸を叩く音に気がついたのは右近という女房です。「どなた?」返事の代わりの咳払いがいかにも貴人、といった風だったので、右近はてっきり薫が来たのだと思いました。

「とにかくここを開けてくれ」という男の声は薫にそっくり。でも今日来ると言う連絡はなかったし、といぶかしがる彼女に「どこか出かける予定があるらしいと仲信(薫の家司の名前)が言うものだから、急いで来たんだが、道中ちょっとトラブルがあってね。早く入れてくれ」

具体的な個人名まで出された右近は、いよいよ疑いもなく戸を開けて男を招じ入れます。灯を持ってこようとする彼女に男は「途中でひどい目に遭って、みっともないなりをしているから、灯は暗くしたままでいい。私が来たからと、寝ている人を起こすな」

もともと背格好は同程度、声質も似たところがあるのをさらに似せ、おまけに格段のいい香り。顔が暗くて見えないとあれば、薫とそれほど面識のないこの女房では判別不能でも致し方なし。完全な宮の作戦勝ちです。

男は寝ている浮舟の側に上着を脱いで横になります。右近も朋輩たちを起こして下がりました。普段はいつもの御座所に行くのに、今日はそこへいかず、すぐに横になった点だけが違いますが……。

(殿も情の深いお方ね、こんな遅くに来てくださるなんて)(姫さまは殿のこういう愛情をご存じないから)(もうよしなさいよ、夜のひそひそ話は目立つわ)。女房たちは男を薫と信じ込み、こういい合って寝てしまいました。

絶対にバレてはいけない! 今日はミッション・インポッシブル

男が薫でないとわかったとき、ことはすでにどうしようもないところまで進んでいました。初めから別人とわかっていたならどうにかしようもあったでしょうが、もう声を出すこともできず、浮舟は理不尽な激しい力に押し流されるだけでした。

「あなたをあの秋の夕暮れからずっと想い続けていたんだよ……」一息ついたところで男はこう言います。自分を襲ったのは匂宮だったとわかった浮舟は、姉の中の君への申し訳無さで激しく泣きます。

一方、宮は、こうして想いを遂げたものの、今後はなかなか逢えないだろうと思うと切なくて泣くのでした。ふたりの涙の理由の、何と食い違っていることか。

夜はどんどん明けていき、お供が帰りを促す咳払いをします。昨日、戸を開けた右近が部屋に入ってきました。が、そこにいたのは薫ではなく、匂宮です。

「向こう見ずだと思うだろうが、オレはこの人を愛しすぎて何もわからなくなってしまった。馬鹿になっちまったんだ! 彼女と離れたら死にそうなくらいだよ。京でオレを探してどんなに大騒ぎしようと、今日だけはこの人と共にいたい。すべては生きている間だけのことだ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき