オタマジャクシの四足はチキチキボーンの旨さだった(東京でとって食べる生活)

access_time create folder生活・趣味
オタマジャクシの四足はチキチキボーンの旨さだった

今回はトモさんのブログ『東京でとって食べる生活』からご寄稿いただきました。

オタマジャクシの四足はチキチキボーンの旨さだった(東京でとって食べる生活)

オタマジャクシ、誰もが知ってるカエルの子供。

子供の頃は網ですくってみたり飼育してみたりと、皆さん一度は触れた事のある生き物なのではないでしょうか。

さて、そんなオタマジャクシを眺めていて思うことが一つ…

まるまる太ってうまそうだな…と。

きっと皆さんと同じような事を考えていると思うのです。きっとそう。

というわけで今回はそんな人類共通の疑問を解消するべく、オタマジャクシを食べてみた話です。とびきりでっかいウシガエルのオタマジャクシをね。

カエルとオタマジャクシ

オタマジャクシはカエルの子供。春に卵として産み落とされたのち魚のように水中で育って、大きくなった夏ごろに手足が生えて陸上生活を送るようになります。

今回のターゲットであるウシガエルはアメリカからやってきた外来種のためちょっと特殊。5月頃に卵を生むのはだいたい同じなのですが、孵ったオタマジャクシはそのまま越冬。冬を超した翌年に変態してカエルの姿になるのです。

また卵も数も非常に多く、アマガエルが200個~1,000個なのに対し、ウシガエルは6,000~40,000個にもなるそう。これが1週間ほどで孵化すると、大量のオタマジャクシが水域を埋め尽くすほどに…。

水の中を所狭しと泳ぎ回るオタマジャクシたち

 
ウシガエルは冬眠期間を除いてほぼ1年中オタマジャクシの姿を見る事ができ、なお数数も多いため非常にとりやすいのです。なおかつ数くてデカい。

すばらしく都合の良い獲物なわけです。
さっそくとりにいってみましょう!

オタマジャクシを取りに行く

夏真っ盛りの8月のある日。そろそろいい具合に成長したであろうオタマジャクシをゲットしにいってきました。

ちょろちょと泳ぎ回るオタマジャクシをどうやって捕まえるのか?といいますと、

今回はガサガサという手法で採取します

こんな格好で採集。夜のほうがとりやすいのでヘッドライトをして挑みましたが日中でもとれます。

 
ガサガサとは一人追い込み漁のようなもの。

オタマジャクシの潜んでいそうな水草の前に網を構え、足で水草をガサガサとかきまわし、オタマジャクシたちを驚かし網に追い込むのです。

シンプルですが水草に隠れる生き物を捕獲するにはとびきり効率がいいです。

 
オタマジャクシは水の流れのない場所を好むということで。今回はウシガエルの鳴き声が聞こえる野池のような場所にやってきました。

タモ網を片手にレッツトライ。

さっそくガッサガサとやっていきましょう。

おっと!一回目のガサガサであっさり捕獲、

でっぷりと太ったオタマジャクシがとれました。

さすがはウシガエルのオタマジャクシ。大きい
これなら食べごたえじゅうぶんです。

続けてどんどんやっていきましょう。

ガッサガッサ!

1 2 3次のページ
access_time create folder生活・趣味

寄稿

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧