ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

振るだけで水道水を美味しく! 持ち運び出来る新発想の浄水器「クリンスイタンブラー」

これからの季節、特に大切な水分補給。去年に引き続き、節電傾向にある今年は熱中症対策の為にも小まめに水を飲む事が推奨されています。

ミネラルウォーターを都度買うのは重いし、ゴミもたくさん出る。けれど、水道水は塩素の臭いがして苦手……という女性も多いはず。最近では、水道水を入れて美味しい水を作る事が出来る「ポット型浄水器」を利用する人が増えている様です。

そして、バッグに入れて持ち運べて、職場や外出先でいつでも美味しい水が作れるのが「クリンスイタンブラー」。「水道水を飲もう」をキャッチフレーズに、一番身近な水、水道水について考える「クリンスイ」が今年3月に発売した新商品です。

「クリンスイタンブラー」はその名の通り、タンブラー型の浄水器。135gという軽さで、バッグに入れて持ち運べば、いつでも水道水を浄水する事が出来る、便利でエコなアイテムです。

使用前にはまず、カートリッジを水道水で洗うなどの簡単な「カートリッジの準備」を行います。その後、タンブラーに水道水を注ぎいれ、フタを閉めて何度か振るだけで終了。とても簡単です。

浄水までに時間がかかって、飲みたい時に飲めない! というストレスもありません。これなら、カラの状態でタンブラーを持ち運んで、水が飲みたい時に水道水を注いで振るだけなので、ペットボトルのミネラルウォーターよりも軽くて楽チン。

ポイントは、タンブラー内のカートリッジにまんべんなく水が触れるように、横にして振ることだけ。

フタも、しっかりとロックされる形状になっているので、振って水がこぼれる心配も無く、水が入ったままの持ち運びも可能。

これだけ簡単なのに、水道水の塩素臭さが消え、飲みやすいお水に。「クリンスイタンブラー」公式サイトでも紹介されていますが、オフィスなら給湯室の水道水を入れてデスクで、スポーツ中やおでかけ先でも、どこでも利用する事が出来ます。

1本100円前後のミネラルウォーター(500mlのペットボトル)でも毎日購入していれば、1ヶ月間では数千円の出費に。「クリンスイタンブラー」は、カートリッジ1本で30リットル分の浄水が出来るので、節約も出来ちゃうというわけです。そして、気付くとすぐ溜まるペットボトルのゴミに悩まされることも無し。

カラーバリエーションは、今回使用したクリアピンクの他、クリアブルー、クリアグリーンの3色。この夏から、エコな水分補給をはじめてみませんか?

■主な製品仕様
ろ材の種類 :活性炭
浄水能力:遊離残留塩素(総ろ過水量30L、除去率80%、JIS S 3201 試験結果)
ろ材の取換時期の目安:(1日1L使用した場合)1ヶ月
容量サイズ:幅74×奥行74×高さ163mm
質量 :135g(250ml 満水時400g))
容量 :250ml
小売希望価格:3,150円(税込)

新発想の携帯型浄水器「クリンスイタンブラー」

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy