ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【飲み比べ】『カロリーメイト リキッド』が36年目のリニューアル!時代に合わせて美味しくなったというが、どうなの!?

 

バランス栄養食「カロリーメイト」といえばブロックタイプのものを想像しがちだが、リキッドタイプも36年前から存在している。その『カロリーメイト リキッド』が、1983年の誕生以来はじめてリニューアルを行い、新たなフレーバーも登場した。この機会に、リキッドタイプの「カロリーメイト」を飲み比べてみたい!

 

食事を取る暇もない忙し人の救世主が、36年目で時代に合わせて味わいを進化させた!

大塚製薬より、5大栄養素(タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル)を手軽に摂取できるバランス栄養食として発売されている「カロリーメイト」。記者は学生時代に登山部に所属していたこともあり、4本入りと2本入りのブロックタイプを山に登るたびに買って食べていた経験がある(毎回異なる2つの味を選んで買っていた)。社会人となったあとも、食事の時間が取れないほど忙しい時期にコンビニで買って、深夜にサクっと食べることで難儀な仕事を乗り越えたことも。

 

そんな「カロリーメイト」はブロックタイプ以外にも、ゼリータイプとリキッドタイプ、そして備蓄品専用製品のロングライフが存在する。今回10月7日から新発売されることとなった『カロリーメイト リキッド』は、共働き世代の増加に伴いニーズが高まった栄養補助食品市場で、効率よく栄養を摂りたい朝のシーンの需要を見込んでいるとのこと。

『カロリーメイト リキッド』には、従来のカフェオレ味がリニューアルしたほか、新たにフルーツミックス味とヨーグルト味がラインナップに加わった。もともと医療用の濃厚流動食を原点にして一般向けの栄養補給目的に作られた『カロリーメイト リキッド』がこのたび新発売となった背景には、スムージー・野菜ジュース・プロテインで朝食時に栄養を摂取する人の増加もあるという。

 

ちゃんと栄養を考えて食事を作りたくとも、ひとり暮らしや共働き家庭などでは、準備する時間や手間がかけられないのが実情。確かに記者も、アラサーとなってからは野菜ジュースやスムージーを意識して飲むことが多くなった。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき