高橋恭司の写真展「LOST 遺失」、複数の時間と空間が交差する作品20点

access_time create folder生活・趣味

写真家の高橋恭司「LOST 遺失」展が、東京・吉祥寺アマラにて開催中。

90年代より広告や海外雑誌『Purple』などで時代の本質を鋭く捉えた美しい質感のある写真を発表し、今日の写真家に多大な影響を与えている写真家の高橋恭司。最近の自分の写真をみつめるうちに、「写真的であるとは、断片的であるということ。時間がリニア(直線的)につながっているとは思っていない。あるところで途切れたり、別の部分でつながったり、混線したり。複数になったりしているのかもしれない。もしかしたら、過去も変化している可能性がある。」という観点から『LOST』という言葉が思いついたと高橋は語る。

本展では、日本やドイツで撮影された、どこかへ向かう男女、見つめ合う恋人のような二人、スロットの広告や喫茶店のモーニングなどの飲食物・食器など日常にあふれる作品をはじめ、鳥の死骸や墓跡、マリア像や異国の神々の像などの写真作品約20点を展示。

TOKYO ART BOOK FAIR 2019にて先行発売された写真集も販売する。

コミニケーションをはじめ、さまざまなものが時系列に激しく変化していく現代において、異なる複数の時間と空間が交差する高橋の作品をぜひ体験したい。

高橋恭司「LOST 遺失」展
2019年9月14日(土) – 10月26日(土)Open: 土日2-7時
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-36-8
0422 23 5875 〒180-0004
www.amalaworld.com

access_time create folder生活・趣味
local_offer

NeoL/ネオエル

都市で暮らす女性のためのカルチャーWebマガジン。最新ファッションや映画、音楽、 占いなど、創作を刺激する情報を発信。アーティスト連載も多数。

ウェブサイト: http://www.neol.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧