ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

仮装でパークが楽しい・可愛い!『ディズニー・ハロウィン』(モデル:フィロソフィーのダンス)

現在東京ディズニーリゾートで開催中の「ディズニー・ハロウィン」。東京ディズニーシーでは、ダークで妖しいハロウィーンの祝祭をイメージしたショーやデコレーション、フードメニューなどを楽しむことが出来ます。

ハロウィーンといえば仮装。ディズニー・ハロウィーンの期間中は、すべての日程で、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーで仮装がOKに。今回は、11月17日より全国ツアー『Glamorous 4 Tour』をスタートするアーティスト「フィロソフィーのダンス」の4名に『トイ・ストーリー』のキャラクターになってもらいました!

奥津マリリさんは「エイリアン」風の衣装。エイリアンたちの服をイメージした青いワンピースに、パーク内でゲット出来るヘアバンドが決まっています。

十束おとはさんは「ウッディ」。チャームポイントの美脚が映えています。

日向ハルさんは「ジェシー」。地毛の色を活かした元気いっぱいの仮装!

佐藤まりあさんは「ボー・ピープ」。映画から抜け出てきた様な再現度。

それぞれの担当カラーを意識していることもあって、それぞれのキャラクターがぴったりです。可愛いっ!

『トイ・ストーリー』のキャラクターになりきった所で、『トイ・ストーリー マニア!』のエリアでもパシャり。

『トイ・ストーリー』の世界観がいたるところに再現されていて、ばっちりすぎる! 映えが止まりません。

ミニゲームコーナーもあるので、ぜひチャレンジしてみては?

びよーんと伸びる、マリリさん&ハルさん。

夜にはるとまた雰囲気が変わるのも素敵です。

休憩もなんだかいつもよりハッピー。

ちょっとした空間もサマになっちゃう。皆さんも仮装でディズニー・ハロウィーンを楽しんでみてはいかがでしょうか? 仮装ルールや着替え場所については公式サイトをご覧ください。

次回の記事では、東京ディズニーシーのショー『フェスティバル・オブ・ミスティーク』の様子や、私服でのレポートをお届けします!

【ディズニー・ハロウィン | 東京ディズニーシー】
https://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/fantasy/halloween2019/tds/index.html

★次のページには、フィロソフィーのダンスinディズニーハロウィーンの写真がたっぷり!★

撮影:周二郎
モデル:奥津マリリ、佐藤まりあ、日向ハル、十束おとは(フィロソフィーのダンス)

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき