映画『アナベル 死霊博物館』特別映像 鎧兜、ウェディングドレス……登場する“呪いの品々”をジェームズ・ワンらが紹介[ホラー通信]

access_time create folder映画
『アナベル 死霊博物館』

『死霊館』に登場する呪われた人形“アナベル”を中心に据えた人気シリーズ第三弾『アナベル 死霊博物館』が9/20より公開。超常現象研究家のウォーレン夫妻が地下室の“死霊博物館”に封じ込めていたいわくつきの品々が解き放たれ、留守番をしていた少女たちが襲われてしまうというストーリー。

そんな本作から、ゲイリー・ドーベルマン監督、製作のジェームズ・ワン、同シリーズでウォーレン夫妻を演じてきたパトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガの四名が“死霊博物館”の呪われた品々について語る特別映像が到着した。

まずは「(本作には)シリーズの前作までに披露された品も登場する。いわくつきの品ばかりだ」とジェームズ・ワン。パトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガは「博物館は物語の始まりを予感させる」と話し、ドーベルマン監督は「こうした収集品を見ると誰でもワクワクするだろう。呪われた品々にまつわる話を垣間見られる映画だ」と解説する。

そして、本編の恐怖シーンの数々も挟み込まれる。暗闇の中でゆっくりとこちらを振り向くサムライ。呪いのウエディングドレス。まぶたにコインを乗せた死者たち。そして、忘れてはいけないのが『死霊館』シリーズの元凶・アナベル。ジェームズ・ワンはアナベルを「収集品の中でも強烈な力を持つ人形」だと補足する。

これだけの呪いが一挙に解き放たれてしまう『アナベル 死霊博物館』、ぜひ劇場でお楽しみあれ。

映画『アナベル 死霊博物館』
9月20日(金)全国ロードショー IMAX(R)、4D

『アナベル 死霊博物館』 『アナベル 死霊博物館』

動画が表示されない方はホラー通信の記事をご覧ください

access_time create folder映画

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧