ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

有名絵画を闇のオークションで競り落とす!ボードゲーム『真贋のはざまで』をプレイ!

 

昨今、電源を使わないで遊ぶアナログゲームの人気が高まっているのをご存知だろうか? ゲームを通じて見知らぬ人とも気さくにコミュニケーションが楽しめることで、ボードゲームを扱うお店やイベントも盛況だ。そんな中、ジグソーパズルを主に手がけるやのまんからボードゲーム『真贋のはざまで』が発売された。本物か偽物かを見極めて、絵画をオークションで収集するという趣きの本作を、プレイ模様も交えてご紹介する!

 

真贋を見極めて闇のオークションを制するのは……?

裏社会のアートマーケットを舞台にして、有名絵画をオークションで売買し合うボードゲーム『真贋のはざまで』(プレイ人数 4~9人・対象年齢 12歳以上・プレイ時間目安 45分~・希望小売価格 税抜3500円)。プレイヤーは伏せられた役職を与えられ、計3ラウンド行われるオークション内で自分の目的にあった絵画を収集していき、最終的に多くの勝利点を稼いだものが勝利となるルールだ。

パッケージにも描かれている『モナ・リザ』をはじめ、誰もが1度は見たことがあるだろう世界中の名画が多数登場する。しかし、見たことがあるからといって、それが本物かどうかはわからない。有名であればあるほど、さまざまな贋作や価値の高い複製が存在するのが絵画というもの。

『真贋のはざまで』ではそれが忠実に再現され、ゲームに盛り込まれている。まずは簡単なルール説明からしていこう。

1 2 3 4 5次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき