ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

カニそのままのほぐれ感!愛され続けて40周年を迎えるカニかま『オホーツク』の魅力を検証!


日本の食卓には欠かせないかまぼこ。その中でもカニかまは、カニの代用だけではなく、彩りや有効なたんぱく質補給食品として、様々な料理にも用いられる便利な加工食品だ。スーパーなどで一度は見かけたことがあるかまぼこの老舗である、いちまさのカニかま『オホーツク』が40周年を迎え、新しいパッケージで登場したという。40年愛されているロングセラー商品のカニかま。その魅力を再確認してみたい!

 

ロングセラーのカニかま『オホーツク』が高級感ある新パッケージに!

一正蒲鉾株式会社(新潟県新潟市)は、昭和40年創業のかまぼこの老舗メーカーだ。スーパーなどで見かけたことのある「サラダスティック」や、ちょっと変わったうなぎの蒲焼風のかまぼこ「うな次郎」など数々のヒット商品を産み出している。

含気包装によりふっくらジューシー

『オホーツク』(税抜価格263円・125g(1本約12.5g当たり10kcal)・2019年7月上旬より40周年記念パッケージにて発売中)は、ズワイガニをイメージした味とほぐれ感が特徴のスティックタイプのカニかまだ。ズワイガニのペーストを使用して、ふっくらジューシーに仕上げている。

見た目にもカニっぽい

カニの赤い色味にはトマトリコピンを使用し、カルシウムをプラス。保存料を使用していない点も安心だ。

1 2 3 4次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき