ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

上から注げるから使いやすい!見た目も機能もスマートな『ハイブリッド式アロマ加湿器「COMODO」』新発売

 

最近の地球は秋という季節を忘れたかのように夏から冬へあっという間に移り変わる。そのせいで、冬対策に乗り遅れている人も多いのではないだろうか。アピックスインターナショナルは、そのための季節グッズを一足早く投入。簡単に水を注げる上部給水型の『ハイブリッド式アロマ加湿器「COMODO」』を9月下旬より発売する。今回はこの製品の魅力を紹介しよう。

 

直接水が注げる楽々給水!メンテナンスも楽々

株式会社アピックスインターナショナル(大阪府大阪市)は、『ハイブリッド式アロマ加湿器「COMODO」』(ハイブリッド式・約幅300× 奥190× 高230mm・約280ml/h・実売価格 税抜き 8,980円・2019年9月下旬発売予定)を新発売。上部給水式の注ぎやすさにこだわった商品だ。

主なスペックは下記の通り。
サイズ:約幅300×奥190×高230mm
重量:約1.9kg
消費電力:100W(ハイブリッド時)
加湿量:約280ml/h
水タンク容量:約3.5L
カラー:ホワイト

 

上のふたを外すと直接水を注げるようになっているので、水場まで本体を持ち運ぶ必要がなく、楽に作業ができる。やかんやケトルなどを使って注ぐのはもちろん、給水口が広いのでお鍋やボウルなど一般家庭にあるものなら何でも使えるのが嬉しい。

ちなみに、給水タンクはそのまま取り外して水場へ持ち運ぶこともできる。ちょい足しならやかん、全給水なら取り外すと便利だ。

また、給水口が広い分メンテナンスがしやすいのも大きなメリット。加湿器で悩まされるのが内部に残った水分から発生する雑菌。都度水分をふき取りメンテナンスをする必要があるのだが、これなら手がまるっと入るので掃除もしやすいのだ。

 

加湿方法は加熱&超音波のハイブリッド式。抗菌カートリッジ付属で雑菌対策もばっちり

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき