ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

インフルエンサーの写真に映る雲の形が気味悪いほど同じとの指摘 「この雲はストーカーか?」

30万人以上のフォロワーがいる、自称“トラベル・インフルエンサー”のアルゼンチン人女性があることで話題となっています。


https://twitter.com/MattNavarra/status/1166746075857862656
「この“トラベル・インフルエンサー”の写真だけど、気味悪いほど雲の形が同じ」

この投稿をInstagramで見る ⛅️Tupi Saravia ⛅️さん(@tupisaravia)がシェアした投稿 – 2019年 2月月18日午後12時08分PST

https://www.instagram.com/p/BuCTbiLHlB5/

この投稿をInstagramで見る ⛅️Tupi Saravia ⛅️さん(@tupisaravia)がシェアした投稿 – 2019年 3月月10日午後1時40分PDT

https://www.instagram.com/p/Bu12-r8HTNe/
とあるTwitterユーザーに指摘されてしまったのは、ブエノスアイレス在住のTupi Saraviaさん。上の2枚も雲の形が同じですね。同じ雲になる確率は、果てしなくゼロに近いと思うのですが……。

tupisaravia [リンク]
https://www.instagram.com/tupisaravia/

お約束ではありますが、この暴露ツイートに対する反応は様々です。

・彼女は(インフルエンサーとして)、一般消費者と気象パターンの両方に影響を与えることができるんだ
・“捏造されたオンラインの現実”というものを欲しがるのは彼女だけじゃない
・雲だけを注意して見続けるとは……脱帽です
・アプリで簡単に加工できるのよね、多くのインスタグラマーが使ってるわ
・この雲はどこまでも後をついてくるフォロワーなんだよ
・こういうモデルたちは偽物が多すぎる。デジタルの世界と現実は、マジで昼と夜だわ
・本物のフォトグラファーは背景の空にもこだわるんだよね、完璧な空になるまで写真なんか撮らないし
・背景の空を変えるだけで済むなら“トラベル・インフルエンサー”は、旅行(トラベル)する必要ないわね
・Quickshotというアプリの、SN10スカイ・フィルターだな、この雲は
・旅行行くときは、パスポート、航空券、外貨、それに雲が必需品だね
・この雲はストーカーか?

SNSと共に世界中に広がったのが“フェイク”と呼ばれる情報(文字、画像、映像等)ですが、“フェイク”に対する反動から、本物へと回帰しようという動きがそろそろでてきても不思議ではありませんね。バランスを取ろうとするのが自然の摂理ですから。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/MattNavarra/status/1166746075857862656

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき