ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

3種の枯節が合わさった江戸老舗秘伝の味!『秘伝の蕎麦露』で蕎麦を食べたらこれまでと違う味になった

 

蕎麦やそうめんに欠かせないのが、だしの旨味がたっぷり詰まったつゆ。ヒゲタ醬油『秘伝の蕎麦露』は、同社の主力製品である超特選醤油「本膳」に厳選した原料を加えた、江戸老舗の秘伝の味を現代に伝えるストレートタイプのつゆだ。他では味わえないその確かな美味しさをご紹介しよう。

 

蕎麦になじむ複雑なだしの旨味。キレのある後味にお箸が止まらない

ヒゲタ醬油株式会社(東京都中央区)は1616年(元和2年)に創業した老舗企業。溜り醤油の製造から始まり、およそ400年以上もの間、醤油をベースとした製品を世に送り続けている。現在では、江戸伝統の製法をベースに開発した超特選醤油「本膳」を主体に、減塩タイプの醤油やつゆ、たれなど、時代のニーズに沿った商品を開発している。

『秘伝の蕎麦露』(300mlびん・希望小売価格 税抜380円・発売中)もそのひとつ。江戸から重用されているかつお本枯節(鹿児島)、宗田枯節(高知)、さば枯節(静岡)の厳選品を使用した蕎麦つゆだ。

超特選醤油「本膳」に純米本みりん、砂糖を加え、さらに熟成された本がえしに3種の本枯節の出汁を合わせて作られたまさに江戸老舗秘伝の味。もちろん化学調味料は無添加だ。

 

今回は、ざる蕎麦のつゆとしてその味を確かめてみよう。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき