ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今からダイエット? 急がずゆる~くいきましょう

ダイエットは急がずゆっくり

これから春から夏に向けて、あちらこちらの雑誌やテレビなどで特集されることが多くなるのが“ダイエット”ですね。肌の露出が増える・水着を着る機会があるから・健康診断で“メタボ”の結果が出てしまったから等々、ダイエットを始める理由はいくつもあるわけですが、特にこの春から夏に向けた今の時期は「今からでも間に合う!」「○週間で○キロやせる!」といった内容が増えます。

が! ちょっと待ってください。これは“普通体型~自身の基準体重から3kgから5kg増えた場合”の内容です。決してマイナス5kg~10数kgの大型ダイエットに向けられたものではありません。もちろん参考にはなりますし、続けていたらキチンとやせますので、ダイエットをするなら代謝の上がる今からがオススメです。ただし、急いではなりません。急で過激なダイエットは体に悪影響を及ぼすだけなので決してしないように気を付けてください。

これは実際に20数kgのダイエットを果たした私の“リバウンドをしない本気のダイエット。だけど急がないよ編”です。

まずは、とにかく「あせりは抑えてゆっくりいこう」という気持ちと、「絶対にやせる」という気持ちが必要です。私たちの周りには魅惑あふれる食べ物や飲み物がアチラコチラにあって目に入ります。大人になればなるほど友人や会社などでの食事の機会が多く、皆が食べているなか自分だけ何も食べないなんて難しいですし、ストレスの元になるのでこれは無理です。だからといって食べたい物を食べていたら全く何も変わりませんし、そもそもダイエットにはつながりません。では、どうしたら良いかというと……、以下箇条書きにて述べます。

☆食事は三食。又は昼と夜の二食をきちんと摂る。

☆食事内容を全て和食にする(揚げ物・焼き肉などは控える。または止める)。

☆お肉を使った料理の場合、牛・豚より鶏肉を使用、又は選ぶようにする。自炊の場合は一度、茹でて余計な脂を抜いて使用する。

☆米・緑黄色野菜をメインに、和え物・酢の物・煮物や煮付けにする。

☆サラダの場合、ドレッシングは油を控えた低カロリーの物にする。

☆外食では、常にカロリー・糖質・脂質の表示を見るようにする(成人男性の一日の平均摂取カロリーは2000キロカロリー・成人女性の一日の平均摂取カロリーは1700キロカロリーとされています)。

☆ダイエットをする場合、平均摂取カロリーからマイナス400キロカロリーが理想的です。

☆場所、時間、場合によりけりですが、なるべく歩く。自転車で5分から10分以内ならできるだけ徒歩に変更する。

☆エスカレーター・エレベーターなどは避け、階段を利用する。

☆常にお腹と脚を意識する。

☆汗をかく。半身浴が簡単な方法ですが、つまらないと思う場合は本を読みながら・携帯をジップロックなどに入れていじりながら・音楽を聴きながらなど、自分に合ったやり方で飽きないように一週間に2~3回して、半身浴をしない日はストレッチを30分ほど。これも週2~3回。ただし、汗をかきにくい場合は少し長くストレッチをしたほうが良いでしょう。

☆甘い物は極力控える。食べたい場合は洋菓子ではなく和菓子を。そして数日間は甘い物は摂取しない。

☆間食がしたい場合、ところてん・メカブ・もずく・寒天・カロリー控えめのゼリーなどにする。

☆飲み物を100%フルーツジュース・水・お茶・砂糖なしのコーヒーや紅茶にする。

☆雑誌のモデルを見る。理想の体型を思い描く。

☆時々、お風呂上りなどに自分の裸を鏡で見る。

☆体重計にはマイナス10kgが目標なら半年、20kgが目標なら12か月乗らない。

以上が私が実際にやって20数kgのマイナスに成功し、それ以降は全く一度もリバウンドしていないダイエット方法です。たくさんの決まり事があるように見え、今までの食生活をいきなり変えるのは難しいでしょうが、これがダイエットの基本であり、変えないことが肥満の原因なので、ここは慣れるまでのしばらくはグッと我慢&見ない&食べないです。

時間をかけていくとカロリー表示を見なくても自然に洋食や洋菓子、揚げ物などの高カロリーを好む性質から、低脂質・低糖質・低カロリーの物を好み選ぶようになりました。洋食から和食へ変えるのは、糖質・脂質・カロリーを抑え、体に必要なたんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維が摂取できるからです。そして、最初の我慢の段階を越えると、これらを自分では意識していなくても“自然とストレスフリーで”過ごせるようになり、ちょうど1年かけて20数kgのダイエット成功へ繋がりました。

規則正しい生活や食生活を毎日続けるのは今の世の中では難しいと思います。なので多く食べてしまった日は翌日から2~3日ほど控える、甘い物を食べてしまった日の翌日は食べないくらいならできると思います。とにかく最初の誘惑生活から脱出して抑えられるようになったら“ゆっくりのんびりと自然に”が身に付いてきます。3kg~5kgほどなら夏へ向けての緊急ダイエットも良いでしょうが、それ以上のダイエットをするのならば、急がずゆっくりとをオススメ致します。
画像:足成より引用
http://www.ashinari.com/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「nico」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy