ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

又吉直樹の小説「劇場」が映画化 主演・山﨑賢人&ヒロイン・松岡茉優のコメント到着

お笑いタレントで作家の又吉直樹(ピース)の小説「劇場」が映画化され、2020年に公開されることが分かった。「GO」「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督がメガホンをとり、山﨑賢人が主演、松岡茉優がヒロインを務める。

芥川賞受賞作品となった「火花」に次ぐ長編2作目「劇場」は、劇作家を目指す主人公・永田と、彼に恋を抱き必死に支えようとする沙希の7年間を描いた恋愛小説。

実生活では社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な青年・永田を演じた山崎は、「初めて本を読んだ時、人としてダメな部分ばかりですが、表現者としてとても共感できる弱さを見せる永田をすごく魅力的だと感じました」と、人生初のひげを生やして挑んだ役についてコメント。

葛藤や迷いを抱えながらも、純粋に彼を愛そうとする健気な沙希を演じた松岡は、「とても繊細な本で、私たちの演じ方が変わってしまうと、話の到着すら変わってしまいそうで」と、行定監督や山崎とともに何度も意見を交換しながらキャラクターを作り上げたことを明かし、「全国の恋する、愛する、はたまた情で離れられなかったり、何かのきっかけを失っているパートナー達が救われる映画になると思います」と自信をにじませた。

6月初旬から始まった撮影は、演劇の聖地・下北沢を中心に都内で行われ、現在も撮影中だという。

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき