ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

その道のエキスパートに聞いた、輸入ビジネス成功の秘訣【鬼頭あゆみの「本が好きっ!」】

その道のエキスパートに聞いた、輸入ビジネス成功の秘訣【鬼頭あゆみの「本が好きっ!」】

みなさん、こんにちは! 鬼頭あゆみです。

インターネットラジオ「本が好きっ!」、第45回目のゲストとしてお越しいただいたのは『価格はアナタが決めなさい。 輸入ビジネスに学ぶ儲かる仕組み』(集英社刊)の著者である大須賀祐さんです。

大須賀さんは、30年以上輸入ビジネスに携わってきたその道のエキスパート。JETRO認定貿易アドバイザー(現:AIBA認定貿易アドバイザー)を取得されていて、これまで輸入ビジネス書を9冊出版されています。

そんな大須賀さん、輸入ビジネスこそが「自分で価格を決められ、儲かる仕組みだ」と言います。その著書では、これまでの経験を通じて得た最短で輸入ビジネスを始めるノウハウが書かれているんです。

■自分で価格を決める立場になれば、ビジネスは間違いなく成功する!

このビジネスで大切なのは、丁寧なリサーチをし、日本にはない商品を海外で見つけ出して輸入すること。そして、日本の市場にない独自性のある商品を見つけ出し、日本での独占的な販売権を得ることが必要です。こうすることによって、差別的優位性の高い商品を扱えるようになり、自分自身が価格を決める立場になれるからです。

その具体的な方法は、海外の展示会に行って、「これは!」と思う商品を探し出し、その商品の販売権を得たあとに、今度は日本で展示会に出展し、BtoBビジネスを始めるというもの。

この方法であれば、日本の法律上、自分でモノを作らなくてもメーカーになることができ(ただし、製造者責任などは負う)、価格をコントロールでき、さらに自分が小売りをするわけではないので、在庫を抱えたりするリスクを減らすことが出来ると、大須賀さんは太鼓判を押します。

さらに、日本での独占販売権を取得していれば、競合することがないので、優位な立場でビジネスを展開できるのです。

では、どんな商品を選ぶべきなのでしょうか?

売れそうな商品を探すポイントは、自分が良く知るジャンル、好きなジャンルが狙い目。さらに大須賀さんは「C・L・V」が大事だと言います。「C」コンパクトで、「L」軽くて、「V」価値のあるもの、ということです。

また、実際に輸入するまでの、契約書の結び方や、輸送業者の見つけ方など具体的なノウハウがあり、それを知れれば、比較的簡単に輸入ビジネスを始められると大須賀さん。実際、大須賀さんのお話を聞いていると、私でもすぐに始められそうな気になってしまいます。

是非、インタビューと著書『価格はアナタが決めなさい。輸入ビジネスに学ぶ儲かる仕組み』を通じて、大須賀さんの輸入ビジネス術を学んでみてください。必ず新しい発見があると思います。

【鬼頭あゆみの「本が好きっ!」】

ブックナビゲーター・鬼頭あゆみによる書評ラジオ。毎回、話題の本の著者が登場して、本について掘り下げるインタビューを届ける。

オーディオブック配信サービス・audiobook.jpにて無料配信中。一覧はこちらから

【関連記事】

元記事はこちら

「金銭的、時間的自由を手に入れてほしい」 起業を志す人へ、女性経営者のメッセージ(後編)

思い通りに人が動く 上手なプレゼンに共通する6要素

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき