ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

読書や温活を楽しめる癒し空間を新設!「竜泉寺の湯 八王子みなみ野店」がリニューアルオープン

image1
関東最大級の規模を誇る日帰り温浴施設「竜泉寺の湯 八王子みなみ野店」は、6月29日にリニューアルオープン。これに先駆けメディア向け内覧会が開催された。
image2
「お風呂とサウナの良さを多くの人に知ってもらいたい」という想いから、1989年に日本初のスーパー銭湯として誕生した竜泉寺の湯。銭湯や健康ランドが減少傾向にある中、温浴ブームの主流として全国各地で地域の人々に親しまれている。
八王子みなみ野店では、ヒマラヤ山脈の天然ミネラルの岩塩を床や壁に使用した「アロマ岩塩房」など7種の岩盤浴を用意。女性専用エリアを設けるなど配慮も行き届いている。

image3
今回のリニューアルでは、岩盤浴休憩エリアに居心地の良さを追求した「forest villa」が新設。読書や温活などあらゆるシーンでリラックスできる“大人の癒し空間”だ。
image4
「forest villa」には1万冊以上の蔵書を用意。ビジネス、旅行、料理、美容などのライフスタイル本や小説、コミックまで幅広いジャンルが揃う。まるで自宅にいるかのような落ち着いたリビングエリアも魅力だ。
image5
半個室型スペースの2段BOX「ログシェルター」も新設。本を読みながら寝落ちするというような至福のひと時も楽しめる。
image6
照明やUSBコンセントも完備。隠れ家感を味わいたい時にぜひ利用したい。
image7
韓国の床暖房システムを採用した「アロマオンドル」。適度な温かさが心地よく、ゆったり過ごすことができる。定期的にホットヨガクラスも開催される予定だ。
image8
温泉エリアでは16種類のお風呂とサウナ用意。高濃度の炭酸ガスを溶け込ませた炭酸泉は3種。通常のお湯に比べ血流が4倍から7倍にもなると言われており、体も一層温まる。
image9
館内に併設される「湯上りキッチン 一休」では食材にこだわった料理をはじめ、麺類や軽食など豊富なメニューを用意。名物の「幸せのカレーうどん」(667円/税別)は溶け出しやすい水溶性食物繊維を99%うどんに溜めて茹で上げる技術を採用。1食あたりレタス約4個分の食物繊維を摂ることができる。20種類のスパイスが使われたコクのあるカレー出汁も絶品。
image10
季節の三連箱・茶碗蒸し・サラダなどがセットになった「すこやか膳」(991円/税別)。白米は十六穀米に変更することも可。あっさりした味わいで女性におすすめだ。

「forest villa」の新設によってますます多彩な寛ぎを楽しめる「竜泉寺の湯 八王子みなみ野店」。ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがだろうか?
【竜泉寺の湯 八王子みなみ野店】
https://ryusenjinoyu.com/hachioji/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

岐阜県の…「鮎菓子」はちょっと変…!?
滋賀県守山市では…子供が出来たら「はらみ団子」を配る!!
【広島県民の習慣】「養命酒(ようめいしゅ)」じゃなく「保命酒(ほうめいしゅ)」が大好き!!
読書や温活を楽しめる癒し空間を新設!「竜泉寺の湯 八王子みなみ野店」がリニューアルオープン

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき