ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 渡辺謙とマコノヒーが樹海で出会う 映画『The Sea of Trees(原題)』が来年日本公開へ
  • 『あまちゃん』総集編(後編)の放送予定なし― 作曲家大友良英さん「一個人の問題より優先すべきことがあるのでは」
  • 新たなキャラクター・新たな敵も登場『ボス・ベイビー』のNetflixオリジナルシリーズが配信中!
  • いよいよシリーズ完結へ 『ホビット 決戦のゆくえ』主要キャラクター8人のビジュアルが一挙解禁!
  • シルヴィア・フークス、映画『ブレードランナー』の続編に出演決定
  • 『映画キラキラ☆プリキュアアラモード』キャスト6人揃って登場!スイーツの思い出に1年の絆が見えた!? 舞台挨拶レポート
  • 映画『マンデラ』のジャスティン・チャドウィック監督、アンソニー・マッキーが出演するジョニー・コクランの伝記映画の監督へ
  • 【動画】映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』、アリシア・ヴィカンダーがララ・クロフトを演じるファースト・トレーラーが公開
  • 未だ謎に包まれた『ランペイジ 巨獣大乱闘』の全貌に迫る! 3つの注目ポイント
  • 口コミでヒット中『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』主演オスカー・アイザックインタビュー
  • 映画『The Batman(原題)』、マット・リーヴス監督と正式に契約
  • イーストウッド監督の息子・カイルさんに「イーストウッド作品で何が一番好き?」と聞いてみた
  • ゲーム好きほど楽しめる? マリオやゼルダで謎解きに挑戦! 映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』本編映像
  • マシュー・マコノヒー主演の映画『Gold(原題)』、クリスマスに米劇場公開が決定
  • 働き盛りで男盛り“1980年生まれ”の俳優はイイ男ぞろい! 2016年の映画界をけん引
  • 劇場版『銀魂』藤田陽一監督インタビュー「原作がむちゃくちゃやってくれるから刺激される」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

もはやこれは名店の味だ! セブンプレミアム ゴールド とみ田 つけめんが7月9日より登場

こだわりのつけ麺が魅力の名店 中華蕎麦 とみ田。

そんな 中華蕎麦 とみ田 と、セブン&アイがコラボ。初の冷凍麺「セブンプレミアム ゴールド とみ田 つけめん」となって7月9日より登場。

セブンプレミアム ゴールド とみ田 つけめん は、自宅でストックでき、食べたい時に電子レンジで加熱をするだけで 中華蕎麦 とみ田 のお馴染みの味を食べれるという夢のような商品。さっそく食べてみました。

セブンプレミアム ゴールド とみ田 つけめん を食べてみた

セブンプレミアム ゴールド とみ田 つけめん の作り方は、袋麺とスープ別々にレンジで指定の時間温めるのみ。

セブンプレミアム ゴールド とみ田 つけめん は専門店同様の原材料とこだわりの製法を用いたこだわりの品質。

麺は、中華蕎麦 とみ田 の専用粉等が独自に配合され、素材本来の風味が味わえる太麺。

モチモチ食感がスープによく絡みます。

スープは、鶏がらを炊き出したスープに鯖、煮干、宗田鰹の節等を加えた濃厚な魚介豚骨スープが特長。電子レンジ加熱するだけで食べられるストレートタイプのスープ。

トッピングのチャーシューは、赤身と脂身のバランスが良い豚バラ肉を使用。スープとの相性抜群のチャーシューが口の中でホロホロと、とろけます。冷凍食品でここまで本格的な味わいになるとは……! ネギやのりをプラスしても美味しそう。

お湯を入れて最後はスープ割りに。1杯を十分に堪能できること間違いなし。セブンプレミアム ゴールド とみ田 つけめん は7月9日より発売。

詳細情報

セブンプレミアム ゴールド とみ田 つけめん
価格:398円(税込429円)
発売日:7月9日(火)より順次全国に拡大 ※千葉県より販売開始

写真撮影:オサダコウジ

erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき