ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

『ボンド 浴槽用仮補修テープ』浴室のちょっとしたひび割れを応急手当するなら仮補修テープが便利!

 

家庭用の浴槽は、一般的にFRPと呼ばれる強化プラスチックで作られていることがほとんど。高い耐久性を持ってはいるが、それでも経年劣化や大きな負荷重量がかかると割れてしまうこともある。また、壁面のタイルは陶器でできているため、さらにひび割れが起こりやすい。ただ、補修するとなると工事を頼んだり、専門業者へ依頼することになるため時間と費用がかかってしまう。そんな急場をしのぐなら、「ボンド」で知られるコニシ『ボンド 浴槽用仮補修テープ』が便利。耐水性や耐熱性があり、透明テープで色を選ばず目立ちにくいので、仮補修にはうってつけ。とりあえず漏水や腐食を避けたいなら、サッと便利に活用しよう!

 

浴槽のFRPは経年劣化などで割れてしまうことがある!

『ボンド 浴槽用仮補修テープ』なら、浴槽やタイルのひび割れを簡単に仮補修できる

浴室やユニットバスなど、日本の家屋で使用されている浴槽の大半はFRP(Fiber Reinforced Plastics:繊維強化プラスチック)と呼ばれる繊維でプラスチックを強化した素材で作られている。軽くて耐久性があるため、特に水回りなどに使用されることが多い。ただ、もちろんベースがプラスチックなので経年劣化してポロポロと崩れてしまうことがあったり、大きな負荷重量をかけるとひび割れてしまうことがある。

浴槽に使用されるFRPは使用年数が経るごとに、ひび割れの可能性が高くなる

コニシ株式会社(大阪市中央区)から発売された『ボンド 浴槽用仮補修テープ』(1巻50mm幅×2m長・参考小売価格 税込880円)は、ひび割れてしまった浴槽やタイルなど水回りの仮補修ができる耐水性・耐熱性に優れた補修テープ。無色透明なので、どんなカラーの場所でも目立たずに補修できる。

応急処理が必要なタイルのひび割れにも「浴槽用仮補修テープ」が便利

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき