一反もめんがボディペーパーに転生したら…… 水木プロ公式の異世界転生漫画が「どうかしてる」と話題に

access_time create folderエンタメ

男性向けコスメブランド『ギャツビー』のTwitter公式アカウント(@gatsby.jp)にてとある漫画コンテンツが公開され、「どうかしてる」「尖りすぎてて草」などと話題を呼んでいます。

このたび公開されたのは、『ゲゲゲの鬼太郎』でお馴染みの水木プロダクションとコラボレーションした漫画コンテンツ「一反もめんが転生したらボディペーパーだったんだが」。「イケ散らかしてるぬりかべ」に次ぐコラボ第2弾です。

ストーリーは、『ゲゲゲの鬼太郎』の名脇役“一反もめん”がボディペーパーに転生し、登場人物たちの汗やニオイの不満を解決するというもの。木綿からボディペーパーに生まれ変わり、汗・ニオイとの戦いが幕開ける「転生篇」、柔道部員から子犬を守る「バトル篇」、元の姿に戻るべく仲間に別れを告げる「別れ篇」の3部作となっています。

初めはボディペーパーに転生したことに不満を示す一反もめんですが、自身に潜んでいる「ボディペーパーとしての潜在能力」が爆発し、気が付いたら目の前の登場人物たちを絶頂に気持ちよくさせてしまっている……!?

そんなぶっ飛んだ設定の漫画に、ネット上では「公式が病気」「これは頭おかしいwww」「奇抜すぎるだろ」「アニメ化希望」「どこからツッコんでいいのかわからないけど熱さだけは伝わって来る」「恐山の妖怪病院に連れて行きましょうw」といった反響が集まっている模様です。

access_time create folderエンタメ
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧