ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 中村優一・染谷俊之ら出演! 『薄桜鬼SSL ~sweet school life~THE MOVIE』公開決定 [オタ女]
  • ちがうこれじゃない 実写映画『ソニック・ザ・ムービー』のデザインにファンだけでなく生みの親からもブーイング
  • 映画『デッドプール』のティム・ミラー監督、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の映画化に参加
  • 『サバイバルファミリー』矢口史靖監督インタビュー「“水族館=魚介類バイキング”という長年の夢が叶いました」
  • 2020年までに公開されるDCコミックス映画のラインアップを総予習
  • エンドクレジットを一時停止でじっくり観察!? ネトフリにハマるベテランアニメーターに「突撃!隣のNetflix」[PR]
  • 悲鳴ダメ、ゼッタイ。 音を立てたら“即死”のスリラー『クワイエットプレイス』特報&ポスター解禁[ホラー通信]
  • ケイト・ウィンスレット、イドリス・エルバ主演の映画『The Mountain Between Us(原題)』で相手役として出演交渉中
  • 劇場版『ヒロアカ』4D上映決定!堀越耕平先生「クライマックスの迫力が更にプルスウルトラしてるかも!」デクのイラストでコメント
  • 約3万円 『美女と野獣』ベルに扮したエマ・ワトソンがフィギュア化! ルミエールやポット夫人も付属 
  • 不可能に挑戦し続ける『ミッション:インポッシブル』 最新予告では6分間の息止め潜水アクションを披露!
  • 『ゴーン・ガール』のロザパイ、今度こそ幸せに? サイモン・ペッグ主演『しあわせはどこにある』予告編解禁
  • 【インタビュー】トム・ホランド、映画『スパイダーマン:ホームカミング』やスピンオフ作品について語る
  • 『パラノーマル』シリーズを支える謎の人物チャコン氏に直撃「実際超常現象ってあるんですか!?」
  • ブラピの嵐を呼ぶモーレツ!アフガン大作戦 『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』
  • パティ・ジェンキンス監督、映画『ワンダーウーマン』に対するジェームズ・キャメロンによる批判に反論

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

第73回 2019年もスパイダーマンの夏がきた! 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公開記念、スパイダーマンの魅力を語る!

第73回 2019年もスパイダーマンの夏がきた! 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公開記念、スパイダーマンの魅力を語る!

もうすぐ『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が公開されます。スパイダーマンは宙(そら)駆けるから、夏が似合うヒーロー。スパイダーマン=夏映画として認識されたのは2002年の『スパイダーマン』(サム・ライミ監督、トビー・マグワイヤ出演)が5月3日に全米公開され大ヒット、映画史上初のオープニング3日間で1億ドル突破という偉業をなしとげたことが大きいと思います。

サブ2_SFFH.jpg映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より

これにより
(1)アメリカのサマームービー商戦は5月から始まる、という考えが定着した
(2)5月の第一週の興行はスーパーヒーロー映画が公開される、
というパターンが多くなった、と言われています。
日本でもスパイダーマン映画はほぼ日米同時、または日本の方が先(今回も『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』もまさにそうです)に公開されるので初夏から夏を盛り上げるヒーローということでしょうか?
というわけでスパイダーマンは”明るく、爽快”なイメージがありますが、元々のコミックは悩める若者を描いた、ちょっとうじうじした青春ものであり、そしてキャラクター自体にホラー映画の要素を含んでいます。
蜘蛛の力を身につけた(優秀だけど)学校とかで除け者の男の子ピーターが、いろいろと悩みながらヒーローを続けていくというストーリーです。この設定がうけてマーベルを代表するヒーローとなります。興味深いのはマーベルのライバルであり、それまでスーパーヒーローの代名詞だったDCコミックのスーパーマンのアンチ・テーゼになっていることです。

サブ1_SFFH.jpg映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より

まずSUPERMANとSPIDER-MANとつづりが似ている。どちらも赤と青のカラリングのコスチュームを着ている。しかし顔を堂々と出すスーパーマンに対し、悪者キャラのように顔を隠すスパイダーマン、スーパーマンは逞しい身体ですが、華奢なスパイダーマン、スーパーマンの正体であるクラーク・ケントは成人した男で一流新聞社の正社員で生活の心配はないですが、スパイダーマンことピーターはまだ青年でタブロイド紙のバイトのカメラマンでいつも生活におわれている。
スパイダーマンの生みの親の一人であるスタン・リー氏は”裏スーパーマン”として、スパイダーマンの物語を作ったのかもしれません。

映画もこのテイストを受け継いで、主人公は色々悩みます。ただそれまでのスパイダーマン映画の主人公たちが”ヒーローか自分の幸せか”に苦悩しているのに対し、最近のトム・ホランドくん演じるピーターは”早く一人前のヒーローになりたい”で葛藤しており、”悩み”が違うのも見比べてみて面白いところです。

サブ3_SFFH.jpg映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より

スパイダーマンがホラー映画のキャラっぽいと書いたのは、スパイダーマンはピーターが特殊な蜘蛛に噛まれて超人になるわけですが、これは吸血鬼、ゾンビ、そして狼男パターンです。
つまり”噛まれることによって、相手と同じ存在になる”。
そもそも蜘蛛というのは、どちらかというと悪役イメージだし、ホラーな存在ですから。
そういう意味でバットマン(彼は別に蝙蝠に噛まれたわけではないですが)もイメージ的にちょっとホラーよりのキャラですね。
蝙蝠と蜘蛛というハロウィンには欠かせないような、ダークな生き物のモチーフのヒーローが人気というのも面白いです。

なおこれはある特撮ファンの方に聞いたのですが”一番最初の「仮面ライダー」(お!これはバッタがモチーフだ!)の第一話の敵が蜘蛛男で第二話の怪人が蝙蝠男だったのは、スパイダーマン、バットマンへの挑戦だったのでは”と。
これが本当だとしたら面白いですね(笑)

SFFH_Tom Holland.jpg

さて『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』はスパイダーマンがNYを離れ、ヨーロッパで活躍します。予告等でも橋を舞台にしたアクションの見せ場が紹介されています。
コミックでもスパイダーマンがロンドンに行きビッグベンや橋で戦う話があります。
こうした原作からの要素をどう活かして、どんなスパイダーマンの青春を描いてくれるか、楽しみです。

(文/杉山すぴ豊)

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 』
2019年6月28日(金)世界最速公開!
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp

■関連記事
第72回 ブームの予感!? 1982年生まれのDCキャラ・スワンプシングとは!?
第71回 もうすぐ公開! 「シャザム」ってどんなヒーロー!?
第70回 モンスター「ヴェノム」が愛されキャラなワケ

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき