ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメ『ULTRAMAN』シーズン2制作決定! 神山健治&荒牧伸志のW監督体制で「期待を超える物を」

現地時間6月11日(火)、フランスで開催されているアヌシー国際アニメーション映画祭にて、Netflixがオリジナルアニメ作品を紹介するパネルを実施。日本からは『ULTRAMAN』や2020年配信の『攻殻機動隊 SAC_2045』を手掛ける神山健治監督荒牧伸志監督が登壇し、嬉しいサプライズが飛び出しました。

『ULTRAMAN』シーズン2が制作決定!

同名コミックを原作に3DCGアニメ化し、シーズン1が配信されるやいなや世界中で大きな反響を呼んだ『ULTRAMAN』。プレゼンでは「2」の形と共にウルトラマンが映し出されると会場は大きな拍手に包まれ、シーズン2の制作決定が明かされました

『ULTRAMAN』は、ウルトラマンが過去のモノとなった現代を舞台に、かつてウルトラマンだった早田進の息子・進次郎を主人公に描かれる物語。

神山監督は「モーションキャプチャーを使った3DCGアニメーションとして制作した『ULTRAMAN』が、多くの人の支持を得たと聞いて嬉しく思います。表現方法に縛られず、面白い物語を伝えられると確信しました。シーズン2でもこの方法を突き詰めたいと思います」とコメント。

一方の荒牧監督は「『ULTRAMAN』は作っている我々がその困難なプロセスも含めて心底楽しめた作品です。シーズン1を見ていただいた皆さんの期待を超える物を見せたいと思っています」と、シーズン2制作に向けての意気込みを語りました。

『攻殻機動隊 SAC_2045』新ビジュアルも解禁

また同パネルでは、『攻殻機動隊』シリーズ完全新作として2020年に配信される『攻殻機動隊 SAC_2045』より、銃口を向ける草薙素子の新ビジュアルが解禁。

あわせて、気鋭のロシア人イラストレーターであるイリヤ・クブシノブ氏がキャラクターデザインを手掛けることが発表されています。

【関連記事】新たな草薙素子を公開 3DCGアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』キャラクターデザインはイリヤ・クブシノブ
https://getnews.jp/archives/2166623

(C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)ULTRAMAN製作委員会

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき