ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新たな草薙素子を公開 3DCGアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』キャラクターデザインはイリヤ・クブシノブ

1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」(講談社)にて士郎正宗氏が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による『GHOST IN THESHELL/攻殻機動隊』(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた『攻殻機動隊』シリーズ。最新作の新たなキャラクターデザインが発表となりました!

「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーションの最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』は、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治氏と、荒牧伸志氏によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品で、Netflixにて2020年全世界独占配信されます。

神山氏と荒牧氏によるダブル監督は50年の歴史を誇るシリーズを21世紀に新しく生まれ変わらせた3DCGアニメーション『ULTRAMAN』でも反響を呼んでいます。

そして、フランスで開催されているアヌシー国際アニメーション映画祭にて、現地時間6月11日(火)、Netflixによるパネル<スタジオ・フォーカス・セッション>に、神山氏と荒牧氏が登壇。壇上にて、本作のキャラクターデザインを、ロシア人イラストレーターのイリヤ・クブシノブ氏が担当することが正式発表されました。

イリヤ氏はInstagramで162万人、Twitterで33万人というフォロワーを有し、日本のみならず、全世界から注目される気鋭のイラストレーター。今回新たにイリヤ氏による本作の主人公・草薙素子のイメージビジュアルとコメントも公開されました。

<イリヤ・クブシノブ(Ilya Kuvshinov)コメント>
日本のアニメを好きになったのは、6歳の頃に見た押井守監督の『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』がきっかけです。「こういう素敵な作品を作りたい!」という思いから、日本で活動することを決めました。私にとって大切な作品の新シリーズ版に参加させていただいて、本当に光栄です。素子たちのデザインは、私の中にある『攻殻機動隊』への恋と尊敬の気持ちを込めて描いています。

【イリヤ・クブシノブについて】
イラストレーター。1990年生まれ、ロシア出身。SNSで定期的に作品を発表して人気を集め、Instagramは162万人、Twitterは33万人からフォローされている。2014年から日本を活動拠点とし、2016年には初画集『イリヤ・クブシノブ画集 MOMENTARY』(パイ インターナショナル)を発売。2019年4月26日公開の原恵一監督作品『バースデー・ワンダーランド』ではキャラクターデザインをはじめ、美術設定を担当し、多くの反響を呼ぶ。
Instagramアカウント https://www.instagram.com/kuvshinov_ilya/[リンク]
Twitterアカウント https://twitter.com/Kuvshinov_Ilya[リンク]

『攻殻機動隊 SAC_2045』Netflixにて、2020年全世界独占配信!※中国本土を除く
原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)
監督:神山健治 × 荒牧伸志
キャラクターデザイン:イリヤ・クブシノブ
制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS
(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき