ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【動画】映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の新予告編、第50回スーパーボウルで公開
  • 多部ちゃんの魅力全開な『あやしい彼女』水田監督インタビュー「助走をつけず高くジャンプ出来る人」
  • 「シンプルに楽しめて最高に燃える!」寺中友将&八木優樹(KEYTALK)が種村有菜とマーベルを語る
  • 【日曜版】映画を見て裁判員制度を考えてみよう!『十二人の怒れる男』
  • 【年末年始はお家で映画】編集部のオススメ作品/“ほろ酔いお酒映画”編
  • 映画『X-MEN:アポカリプス』、死と破壊が感じられる公式予告映像が初公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コーエン兄弟、映画『ビッグ・リボウスキ』の続編は決して作らないと発言
  • 『町田くんの世界』と『キングダム』の共通点「素敵な“日常の崩壊”を楽しむ事が出来る映画」
  • このドキュメンタリーは疑ってかかれ! 映画『放送禁止 洗脳~邪悪なる鉄のイメージ~』[ホラー通信]
  • こんなに面白い映画があったなんて…… 映画『ローライフ』は絶望と暴力に彩られた正真正銘の“ヒーロー”の物語[ホラー通信]
  • のんさん主演で大ヒット Amazonプライム・ビデオに片渕須直監督のアニメ映画『この世界の片隅に』が登場
  • 映画『LEGO(R)ムービー』の最新作、監督にホルヘ・R・グティエレスを起用
  • その場にとどまりたくなる恐怖体験 夜の美術館で味わう美しいお化け屋敷『THE WITCH』[ホラー通信]
  • 寂しい人にネコ貸します 荻上直子監督の貸し猫ムービー『レンタネコ』5月公開
  • ステイサム兄貴をイメージした漆黒のスープ! あの名店が開発した「ハミングバードらーめん」を食べてみた

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

夏のパークホテル東京を3フロアに渡って世界中のヴィジュアルアートが埋め尽くす『POCKO PARK: SOUND OF WAVES』展


Forbidden fruit
© Hiro Sugiyama × Paul Bower
courtesy POCKO Japan


Hands On
© Vasty × Niky Roehreke
courtesy POCKO Japan

ロンドン/ミラノ/ベルリンに拠点を置くクリエイティブ・エージェンシー、POCKO(ポコ)。約20年間に渡り、世界中のヴィジュアルアーティストと企業ブランドの橋渡しに尽力し、コラボレーションを生み出してきた。 POCKOはロンドン、ミラノ、ベルリンに拠点を置いてきたが、このたび新たに東京にも設立。POCKO代表のNicola Schwartz(ニコラ・シュワルツ)は、これまでAlexander McQueen、Bjork、The Pixies、4AD Recordsとのコラボレーションを経て、共にロイヤル・カレッジ・オブ・アート(ロンドン)卒業生である河野一郎と POCKO JAPANを運営する運びとなった。
欧州で培われたおよそ20年間に渡るPOCKOの歴史のなかで、最も得意としてきたのが「コラボレーション」。
今回の『POCKO PARK: SOUND OF WAVES』展では、写真/絵画/イラストレーション/アニメーションとメディウムを問わず、アーティストたちをコラボ レーションとして組み合わせ、本展のために制作された新作をお披露目。テクノロジーやソーシャルメディアに溢れる現代は、逆説的に、各々が個として存在することを求めているとも言える。そこでPOCKO JAPANは、これまで共作をしたことのないアーティストたちを組合せ、ブラインドデートを仕掛けるかのように、展覧会をつくりあげた。
夏といえば、冒険心、探検、自由、衝動。アートホテルで知られる夏のパークホテル東京を、ホテル初めての試みとして、3フロア(25F/31F/34F)に渡ってひとつの展覧会で満たす。POCKO JAPANの仕掛けにより、真夏の冒険心と出会いの衝動で鮮やかに彩られるパークホテル東京に期待が高まる。

ART colours Vol. 29/THE ART OF COLLABORATION 『POCKO PARK SOUND OF WAVES』
東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー(フロント25F) パークホテル東京/25F, 31F, 34F
TEL : 03-6252-1111(代)
2019年6月3日(月)〜 9月1日(日) 11:00〜20:00(会期中無休)
■アーティスト
Hiro Sugiyama(ヒロ杉山) × Paul Bower (ポール・バウワー)
Michela Picchi(ミケラ・ピキ) × Masanori Ushiki(牛木匡憲)
Linn Fritz(リン・フリッツ) × Kyoko Hamada
Keenue(キーニュ) × Marco Oggian(マルコ・オッジャン)
Svetlana Fialova(スヴェトラナ・フィアロヴァ) × Ichiro Kono(河野一郎)
Martin Holtkamp(マーティン・ホルトカンプ) × Nomoco
Haruna Kawai(カワイハルナ) × Van Santen & Bolleurs(ヴァン・サンテン & ボユール)
Vasty(ヴァスティ) × Niky Roehreke(ニキ・ローレケ) and more…
■企画・構成
Nicola Schwartz (POCKO JAPAN) (ニコラ・シュワルツ/ポコジャパン)

<似顔絵ワークショップ >
2019年6月9日(日)10:00〜17:00頃
パークホテル東京 25F
その場で、アーティストの手で描かれた ご自身の似顔絵が完成いたします!
参加アーティスト: 足立拓人、牛久保雅美、牛木匡憲
*参加費 ¥1500〜2000/所要時間15-20分

<ポートフォリオレビュー >
2019年6月9日(日)11:00〜13:00
パークホテル東京 25F
若手作家にもヨーロッパデビューのチャンスが!
参加無料/ひとり15分程度
希望者は、上記時間内にブック持参でお立寄り下さい (先着順/定員に達し次第受付締切)

<オープニング・レセプション>
2019年6月9日(日) 17:00〜20:00
パークホテル東京 25F
展覧会オリジナルカクテルを含む ウェルカムドリンクをご用意!
*参加費:無料

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき